FC2ブログ
マスターです。
英国の論文によると、女性が中イキできるかどうかは、親からの遺伝によることが多いようです。
生まれつき中イキできる女性は、18%という結果です。

一方、DNAには、後天的に変わる「DNAスイッチ」があります。
私、煌ゆうが施術することで中イキし、DNAスイッチのオーガズムスイッチがONになり、中イキできるようになります。
そして、それは娘に遺伝する可能性があります。

さあ、貴女も自分の娘や孫のために、中イキを習得しましょう。
マスターです。

中イキできるようになるとモテる。

まず、中イキ後は、数日間ほどフェロモンが出て、男女が寄ってくる。25歳の女性は、初めて中イキした30分後に、生まれて初めて地下鉄でナンパされた。

次に、中イキすると、相手の男性パートナーも大変興奮して喜ぶから、2人の関係はより強くなるし、中イキするときに膣が締まるので、彼はより貴女を気にいること間違いなし。

更に、中イキは、貴女に女としての自信を与えてくれるから、自然と姿勢や動作が良くなり、表情も明るくなる。セックスレスやオーガズムレスのときに起きがちなモヤモヤ感もなくなりスッキリするので、健康にも良い。

私は、女性が男性に比べて頭髪、美容、服装にとてもお金をかけるのに、体と心を内側からとても良くする中イキに関心を持たない、中イキに投資しないことが不思議でならない。
生まれつき中イキできる女性は、約2割いると言われています。
その人たちがどういう風に逝っているのか知りませんが、相手の男性パートナーの能力に大きく影響されるので、私が提供するような1時間イキっぱなしとか、中イキの上にある中クルまで到達している女性はほとんどいないんじゃないかと思います。

つまるところ、1、2回中イキして満足しているか、中クルまでいかずに満足しているかではないでしょうか。

世の中にはもっともっと気持ちいい中イキの仕方があるってことをもっと知ってもらいたいですね。
マスターです。
著名AV男優のしみけんさんが、ツイッターで「中イキできる女性は10人中1〜2人位なので「イケないのが普通」と述べています。

そうなんですよね。だから、そのイケない8~9割の女性の大半を逝かせている私も、まんざら捨てたものではないなと思います。
AVは、売れ行きが第一で、女性を逝かせることが目的ではないので、AV男優と私とでは求められるものが異なると思います。
マスターです。

先日、ある文献に書いてあったのですが、ポルチオ中イキは、マリファナより気持ちが良いとのこと。
多くの女性が初めての中イキにとても感動されています。終始、膣や脚が痙攣される方もいます。
マスターです。
フレオナには、中イキできずにご相談に来られる女性がたくさんおられます。
中イキは、クリトリスでいく外イキよりもはるかに気持ちのいいものである。
しかし、この単発の中イキは先日のブログで書いた通り、終着点ではなく通過点である。
単発中イキより気持ちいいものとして、かなり昔に書いた不動オーガズム、連続中イキ(連ナカ)があり、さらに気持ちのいいものとして、中クルまたの名をスーパー中イキがある。
中クルとは、巨大なオーガズムの波が襲って来るので、イクのではなく、来るとして、中イキと区別するために私が名付けたもので、従来は単に「来る」と呼んでいたが、更に中イキとの系統的な類別のために中クルと名付けたのである。中逝きとの対称ならば、中来(なかき)が文法上の正解だろうが、発音のしやすさを考慮して中クルとした。
中クルは、連続中イキできる女性でないと得られない。
中イキできるだけで満足せず、更に気持ちよく女性にやさしい中クルを体験してもらいたい。中イキは確実に女性の心身を良い方向に改善するが、中クルはこれより遥かに良い。術後の持続時間も一週間を越えることがある。初めて中クルを体験した女性は、放心状態となってしばらく立ち上がれないほどである。これほどのものとなると、提供できる男性は相当に少ないであろう。また、連続中イキしながらのものになるので、当然体位の変更は最小限となり、男性の動きもまた極小となる。

見た目は女性だけが絶叫、昇天し続ける感じとなり、男性はほとんど動いてないように見えるので、仙人が真空逝きさせているような感じとなる。

まさに、真のセックス、真のオーガズムそして、真の男女の愛の形となる。
マスターです。
フレオナには、中イキできないからできるようになりたいといったお悩みと目標を持つ女性が多く来られる。これはこれで、一般人にとって大変ハードルの高い、険しい目標である。
だが、中イキは、単なる通過点でしかない。
中イキの先には更なる快感の世界がある。これを知る者は少なかろう。
私は、これをスーパーオーガズム、スーパー中イキ又は中クルと呼んでいる。
単なる連続中イキでさない。それよりも高く激しい快感である。
私は中イキできる女性に、この中クルを享受しているので、中イキできる女性もできない女性もフレオナの門を叩いてほしい。