FC2ブログ
2012年12月30日以来の記事です。

世紀末的所産ともいうべき平安時代後期(12世紀初)の「今昔物語」や鎌倉初期(13世紀初)の「宇治拾遺(しゅうい)物語」等の奇を好む説話文学となると、平中はもともとマンガチックな名物男だったので、戯画化された面白おかしい好色男として登場している。
 平中は、あまり好きでない女の家で泣くという演技をするために、いつも水を入れた硯の水差しを持っていた。ある日平中の妻が水差しをたまたま見つけたので、いたずらに水差しに濃くすった墨汁を入れた。いつものように夕方に出かけて明け方に帰ってきた平中が、明るくなってから目の縁が真っ黒でおかしい顔になっていた。これは、平安後期の「古本説話集」に見える話で、これが狂言「墨塗」の原話である。また、「今昔物語」巻30の平中説話は秀逸だ。
 ここでも平中は徹底的に翻弄されている。まさに悲喜劇的な振られ男として、存分に戯画化されている。もうここには人間的な交流、喜怒哀楽はない。これは色好みの名にかけた勝負、恋とは名ばかりのゲームである。平安後期の説話で、平中がこのように扱われるに至ったのは、もともと彼の道化た一面があったからではあるが、やはり人間性を喪失しつつあった末期の退廃的視点というべきだろう。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

Secret

TrackBackURL
→http://freona.blog.fc2.com/tb.php/2447-48441bf7