FC2ブログ
マスターです。
10月に帰国してから、数十人の女性にお会いしました。
そのうち、既婚女性からは、フレオナの有用性、重要性を訴えられたので私なりに整理して紹介します。

1 成人女性の約8割は、中イキできない。
2 中イキできない成人女性を中イキに誘導する技術は確立されていない。
3 それができる男性は、単に「中イキできる女性を満足させられる、普通のセックスが上手い男性」とは違う技術が要求される。そうした男性は、1000人に1人とも言われている。
4 女性が結婚する際、夫の理想条件は、収入が安定して高い、容姿が良い、家柄が良い、性格がいい、学歴が高い、自分だけを愛してくれる、セックスがうまいなどである。
5 だが、そのような完璧な男性は希少であり、いちぶの優れた女性しか手に入れられない。
6 残る大多数の女性は、夫に求める条件を下げる必要に迫られる。夫婦生活・家庭生活を考えれば、収入や性格を最優先するのが妥当であり、セックスは後回しにするのが一般的である。
7 また、恋愛は、普通は心と心の相性からはじまり、体の相性がわかるのは最終段階である。既にそのときには心と心は好き合っているので、体の相性が合わないからと言って男女が別れることは少ない。このため、多くの女性がセックスに不満を持ちながら結婚する可能性が少なからずある。
8 結婚後の夫婦は、民法や道徳により、浮気や不倫(配偶者以外の異性と複数回性交すること)を許されない。
9 他方、配偶者にセックスの改善を要請することは容易ではない。
10 欧米であれば、セックスが合わないと離婚することは普通であるが、日本ではまだ難しい。
11 以上のようなことから、既婚女性がセックスライフを改善することは絶望的である。女性いわく「主婦には逃げ場がない。」
そのため、かなりの既婚女性が、ひそかに配偶者以外の男性と性交している(らしい)。

12 フレオナは、セックスに不満や問題を持つ既婚女性にとって、浮気・不倫及び離婚以外の唯一のセックスライフ改善手段であるといえる。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

Secret

TrackBackURL
→http://freona.blog.fc2.com/tb.php/2131-6afdb1cc