FC2ブログ
Freonajapan

最も性行為が行われているのはいつか、学者が解明: https://t.co/9MxCHdfFrt @sputnik_jpさんから
08-10 20:30

これだけはやっちゃダメ セックスにおける誤りワースト8: https://t.co/BetpLewlL4 @sputnik_jpさんから
08-10 20:28

一夜きりのセックス 夏のアバンチュールを成就させる5原則: https://t.co/lhsMY6Kwhp @sputnik_jpさんから
08-10 20:27

女性のセックス満足度はウォーキングスタイルに出る: https://t.co/XygBY226jU @sputnik_jpさんから
08-10 20:24

男性の匂いが女性をムラムラさせるのはどうして?日本の学者が解明: https://t.co/ZFNrt1wDn1 @sputnik_jpさんから
08-10 20:22

年をとってもボケないためには性行為を営むべき 神経科学者が解明: https://t.co/MyV4le5jpr @sputnik_jpさんから
08-10 20:21

米大学研究チーム:性感極期の女性の脳のメカニズムを解明【動画】: https://t.co/YkHmGFeUn2 @sputnik_jpさんから
08-10 20:19

体重がセックスの質に与える影響とは?: https://t.co/y5X2qDbIag @sputnik_jpさんから
08-10 20:19

セックスは絶滅寸前 研究者らが警鐘: https://t.co/WVPYpsfrbq @sputnik_jpさんから
08-10 20:19

まだまだ私、現役よ! 女性高齢者の性的欲求は70歳後も続く: https://t.co/b0ZBJS3Hsa @sputnik_jpさんから
08-10 20:18

... 続きを読む
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

セックスおもちゃの製造会社「Lelo」が、どの国の住民が最もオルガスムを経験しているかを調査した。

この見慣れないランキングの1位となったのはノルウェーで、回答者の35%が毎日オルガスムを経験すると答えた。英国ではそのように答えたのは11%だけで、ドイツでは2.5%がオルガスムを経験したことがないと答えた。

チリ、スペイン、イタリアでは回答者の10%以上が、オルガスムスを「とても強く」経験している。

他にも以下のことが分かった。

・ノルウェーでは35%の人が1日に1回以上オルガスムスを経験している。
・ブラジルでは65%の人がオルガスムスの時に騒ぐ。
・オーストラリアでは34.7%の人が、ベッドではとても静かだと答えている。
・男性の91%、女性は64%だけがセックスの時に常にオルガスムスを経験すると答えている。

ソース: https://jp.sputniknews.com/entertainment/201708013947526/
性的側面という、私達の人生におけるこれほど重要なテーマについては多くの実験が行われてきた。性生活を単調にしない方法や、何をすべきで、逆にすべきでないかの記事は定期的に現れている。スプートニクは、「最も頻繁に見られるセックス中の女性の間違い7選」をお届けします。

しつこさ

性行為で男性を操ろうとする女性がいるが、性行為が操作のための武器になるとき、愛などありえない。

冷たすぎる態度

多くの女性は、男性がつねに積極的であるべきだと考えている。しかし多くの男性は、積極的な女性も時には見てみたいと告白している。

控えめすぎる態度

もし女性が自身とその身体を毎回恥ずかしがっていると、男性はいつか、説得することに疲れを覚えるだろう。

タイミングの悪い会話

ベッドでの饒舌さは、最高の性格とは言えない。

不誠実さ

どう動けばいいかを知るため、女性から本当のことを聞ければ嬉しいと男性は告白する。

押さえの効かない熱情

上手くいった性行為の後、すぐさま2回戦を求める女性もいる。しかし、男性は普通、性行為の後とても疲れており、休憩の必要があるのだ。

ベッドで恥ずかしがること

人はコンプレックスから、性生活におけるそれぞれの禁止事項を持つ。しかし、ベッドで滑稽に見えたり、セクシーに見えないことを恐れる必要はない。ときにそれは報酬のみをもたらす。

ソース: https://jp.sputniknews.com/science/201707023832624/
統計によると、女性の約30%がセックスで一度も喜びを感じたことがないという。性科学者が、その考えられる原因を複数挙げた。

早すぎる!
トレーニングセンター「SEX.RU」の専門家で性科学者のエレーナ・ベクマン氏によると、前戯が短すぎて女性が性的に興奮した状態になっていない場合がある。
ベクマン氏は、女性は少なくとも15分の愛撫を必要とすると指摘している。

性的筋肉が弱い

骨盤底筋が発達していなかったり、弱まることで女性は喜びを感じないことがある。
問題を解決するためには、特別なトレーニング器具を使って性的筋肉を鍛える必要がある。

慢性疲労

トレーニングセンターの調査によると、女性の87%が、もしその時に望んでいないとしても、好きな人とのセックスに同意する!そしてそんな時、疲労がオーガニズムの到来を妨げる可能性がある。

心的外傷(トラウマ)

心理的な問題により、性的喜びを感じることのできない女性たちもいる。例えば、性暴力の被害に遭った人たちだ。この問題は、セラピストとの作業で解決することができる。

自尊心の問題

自分の容姿やスタイルをあまりにも気にしすぎてベッドでリラックスできない女性たちもいる。
この場合は、ネガティブな考えをシャットアウトし、プロセスからの喜びに集中する必要がある。

経験が少ない

自分の性感帯を知らない女性は大勢おり、男性がパートナーのことをよく知らないこともある。
この場合は、様々な愛撫に対する体の反応を注意深く観察する必要がある。

ホルモンの乱れ

ホルモンの乱れは、オーガニズムに達する妨げとなることもある。この場合は、内分泌科の医師に相談し、検査を行ったほうがいい。

婦人科疾患

泌尿・生殖器疾患、過度の乾燥、感染症(性感染症を含む)などは、オーガニズムを不可能なものとし、性行為は不快で痛みを伴うものとなる。この問題を解決できるのは、医師のみだ。

ソース: https://jp.sputniknews.com/science/201706193778876/
出生率低下のため、2065年までには日本の人口が4000万人減少する可能性がある。日本の国立社会保障・人口問題研究所が発表した。

2016年の日本の出生数は1899年の統計開始以降で初めて100万人を割った。同研究所は、このままのテンポでは、2015年国勢調査時の約1億2700万人から、2065年に約8800万に減少、つまり、3分の1減少するとの見通しを立てた。
さらに同研究所が昨年発表した調査によると、回答者の未婚男性70%、未婚女性60%が交際相手がいないと回答。

人口減少の理由の中には、若年層の結婚意欲ないし可能性の衰えと、移民の消極的な受け入れがある。

一方、活発な性生活への意欲低下は世界的なもの。現代社会は性を尊重するリベラルなエポックを迎えており、携帯電話には出会いアプリまで登場しているというのに、セックスの回数のほうはますます減少の一途をたどっている。
3月、米国の国際性調査アカデミーは2010年から今までに米国民のセックスの頻度は平均で9分の1に減ったというショッキングな調査結果を発表した。こうした恐ろしい傾向が見られるのは米国に限られた話ではない。

ソース: https://jp.sputniknews.com/japan/201705173644838/
現代社会は性を尊重するリベラルなエポックを迎えており、携帯電話には出会いアプリまで登場しているというのに、セックスの回数のほうはますます減少の一途をたどっている。

3月、米国の国際性調査アカデミーは2010年から今までに米国民のセックスの頻度は平均で9分の1に減ったというショッキングな調査結果を発表した。こうした恐ろしい傾向が見られるのは米国に限られた話ではない。

数年前、社会学者たちは日本の若者たちの結婚やセックスへの関心が薄れていることを確認した。国立社会保障・人口問題研究所は2011年、18歳から34歳の独身男性61パーセントと独身女性49パーセントがいかなる恋愛状態にもないというデータを発表した。一方で恋に落ち、家族をつくることができた日本人でさえも、その後パートナーへの魅力を感じていないという。統計は次のような悲しい結論を提示している。2014年、既婚者の約50パーセントが、あまりにも疲れる、うんざりするなどとしてセックスをしていないことを認めた。またセックスよりも興味深く感じる趣味を持っているという人々もいた。このように日本の人口統計学的な危機はさらに深まっている。専門家たちによると、これは経済の崩壊をはらんでいる。スプートニクはこの問題について特集まで組んでいる。

セックスの回数が激減した一番の理由は何なのだろうか? 米国の調査結果は以下の原因を挙げている。

ポルノ

オンラインでポルノ鑑賞人口が増えるに従い、生きた人間と性交を持ちたい欲求は減る。ポルノで描かれる美しい裸体の標準は実生活ではお目にかかれるものでは到底ない。これが邪魔して女性も、また男性も特に、性行為中に絶頂に達することができない。

ソーシャルネット

今の世代は電話、ガジェット、TVの画面を見つめる時間があまりに長すぎ、これがこれから訪れる性生活への興味を削いでいるという理論がある。イタリアの性科学者、セレネラ・サロモニ氏は寝室にテレビがあるだけで性生活は活発度を失うと指摘している。

残業

西側世界では依然として残業時間は長く、米国で週の平均労働時間は47時間となっている。不満の残るきつい労働は精神的な健全さに否定的影響を及ぼしうるため、リビドーの減少につながってしまう。

現代社会の問題

豪州アデライダ大学の調査で、人への一種の感染傾向を持つとされる憂鬱がセックス不足を呼んでいることが証明された。ジェネレーションY (1981年以降に生まれた世代)はそれ以前に生まれた2つの世代に比べ、性交の頻度が低い。理由としては職と住環境を常に維持できるかどうか不安が付きまとうこと、急激な気候変動の恐怖、コミュニケーションや社会生活の制度の破壊が列挙されている。

ソース: https://jp.sputniknews.com/science/201705113623576/
セックスによって危険な病を完治することができる。

画期的な発見をしたのは北アイルランドのベルファースト王立大学の研究者ら。発見したなかにはアルツハイマー、インフルエンザ、糖尿病、脳梗塞、それに虫歯も入っていた。定期的に積極的な性生活を送ることで男性は40歳以降は梗塞、脳梗塞のリスクを半分に減らすことができる。ただし自分の性行為の能力を正しく把握することは大事。そうでないと逆にリスクを高める恐れがある。
糖尿病予防に関しては男女を問わずセックスは素晴らしい予防手段であることがわかった。またアルツハイマーも性行為によって打ち勝つことができる。

セックスは虫歯予防にも効果がある。行為の最中には大量の唾液が放出され、そのなかに抗生物質に似た要素が多く作られるというのがその理由。

ソース: https://jp.sputniknews.com/science/201704273582486/
人の性生活の活発度などの特色は、血液型と直結している。ドイツの研究チームがそのような見解を示した。

チームは3000人以上に調査を行い、上記の仮説が正しいかを調べた。O型は性分野において実験への高い興味と熱気を決定すると判明した。
A型の人々は何よりも、熱い愛人にはなりにくいが、非常に信頼のおける人生の同伴者になる。

B型の人々はロマンチックで感じやすい性向が特徴的。ベットでは結果よりもプロセスに重きを置く。

最後にAB型の人々は完全に心の赴くままに行動するものの、「エクストリーム」と偏りのない伝統的な性行為を好む。

米バーモント大学医学部の研究チームによると、血液型がAB型の人は認知症を発症するリスクが高い。

ソース: https://jp.sputniknews.com/science/201703183446292/
◆やはりセックスレスはダメみたいですね。<マスターのコメント>◆

英国のヨーク大学、スイスのローザンヌ大学とフリブール大学の研究チームは、性行為を定期的に行うことで、カップルの関係を強固にして調和をもたらすことができるとの研究結果を発表した。

研究チームは、カップルや夫婦の幸せの水準は、ベッドでどれほど多くの時間を過ごしているかによるとの見解を示した。頻繁に性行為を行うことは、日常生活でより頻繁に気遣いを示すことを促進する。

チームは幸せホルモンや愛情ホルモンと呼ばれるオキシトシン、そしてドーパミンの高まりを記録した。性的に活発なカップルは、パートナーの視点を共有しない場合でも衝突することが稀だと判明した。

実験の結果によると、パートナーが強い性的関心をこちらに抱いていると感じている人は、自己評価に問題を抱えていない。

同時に、家庭生活での性行為の欠如は労働能力を弱めて、男性の仕事に影響する。一方で女性は、パートナーが性行為を求めていないと感じることで、低い自己評価に悩み始める。

先に伝えられたところによると、ロシアの性科学者によると、女性の性的嗜好は彼らが性生活を始めるずいぶん前に形成される。

ソース: https://jp.sputniknews.com/science/201705313693728/
性学者が、愛を営む際の激しい女性のあえぎ声の理由となっているのはなにかを解明した。記事はCNNのサイトに掲載された。

女性はあえぎ声によってパートナーに、男性が全て正しく行っており、女性は本当に快感を得ているとひそかに教えているのだと学者らは語った。セックス中の直接的な指摘は相手のムードをそぐ可能性があるため、女性はこのような音による合いの手に走る。
さらに、自らのあえぎ声はしばしば女性自身も興奮させ、オーガズムに達する助けになる。性学者たちは、男性にもセックスの際に快感から叫ぶよう勧めている。それは、彼女が行っていることは気持ちよいと伝えるため。

一方、専門家は、快感を得ているとみせかけて、あえぐよう自らに強いるのは値しないと忠告する。そのような場合、自分が行っていることは気持ちいいという偽の自信をパートナーは感じ、あなたが本当のオーガズムに達するための他のバリエーションを探すのをパートナーは止める。

ソース: https://jp.sputniknews.com/life/201611173021121/
オーストラリアの学者グループは、女性がセックスを止める可能性のある理由を調べる調査を行った。
専門家によると、およそ3分の1のオーストラリア在住の女性は自分に自信を持っており、自らの身体をセクシーで魅力的だと考えている。約50%は、男性の大多数に好かれるだろうと考えている。

18%の回答者は、全男性がセクシーだと感じるほどには自らの体は十分に魅力的ではないと回答。

学者は、およそ40%の回答女性が電気を消した状態で性行為をすることを好んだと指摘。さらに、回答者の半分が最愛の男性がいても、服を脱がない。

専門家たちは、このようなコンプレックスは子供時代から形成された可能性があるという。必要な数の性生活の欠如と、うまく行かなかった経験がある場合、女性は自分への自信を持つことを止める。また専門家は、80%以上の回答女性が、満たされた性生活は幸せな家庭の重要なファクターだと考えていると明らかにした。

ソース: https://jp.sputniknews.com/entertainment/201610192920959/
「カップルのセックス頻度が高いと男児誕生の確立も高くなる。世に女児が増えているのは社会のストレス度の高さを示している。」
こんな英国での調査結果が発表された。MedikForumが明らかにした。

男児の出生率とセックス頻度の相関関係を紐解いた学者らは、子どもの性はホルモンの度合いによって決まること、男児は排卵サイクルのはじめの時期に現れることが多いと説明している。受精率が一番高くなるのは排卵の2日前。ところが頻繁な性交では受精はそれより早い時期、つまり排卵サイクルの初期段階で起こる。これによってまさに男児が生まれる確率が高まる。

統計では女児誕生は大多数の場合、ストレスを受けている時期であることがわかっている。特に、日本では1995年の地震の後、また米国でも2001年9月11日の同時多発テロ事件の後、女児誕生が相次いだ。

調査によれば、ストレスがかかる時期は流産率も高くなり、その際、流れてしまうのは男児であるケースが多い。

ソース: https://jp.sputniknews.com/science/20150406153625/