FC2ブログ
結婚している16~49歳の男女のうち、1カ月間性交渉がない「セックスレス」の人の割合が過去最高の47・2%だったことが、日本家族計画協会の調査で分かった。前回平成26年調査に比べ2・6ポイント増え、調査を始めた26年からは15・3ポイントの増加だった。

同協会の北村邦夫理事長は「夫婦間のセックスレスの傾向は一段と進んでいる」と話している。
男性は47・3%、女性は47・1%と男女差はなく、年齢別で男女とも45~49歳が最も高かった。
セックスに積極的になれない理由を尋ねると、女性が「面倒くさい」(22・3%)、「出産後何となく」(20・1%)が多かった。一方、男性は「仕事で疲れている」(35・2%)が圧倒的に多かった。
ただ、男性の労働時間の長短とセックスレスの相関関係は見られなかった。
調査は昨年10~11月、実施。未婚者を含め1263人から回答があり、このうち既婚者655人の回答を分析した。産経新聞が報じた。

◆マスターコメント
いやぁ、末期的ですね。なぜ、みなさん、しないんでしょう?こんなに気持ちいいのに。
女性の多くが中イキできるようになれば、もっとセックスの機会が増えると思いますよ。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

https://jp.sputniknews.com/science/201612183146804/から

カナダの専門家グループは、女性がセックスからどれだけ多くの満足感を得ているか、それをついに明らかにすることに成功した。

世間一般の常識では、男性の方が頻繁にセックスについて考えており、性的志向性の観点から、あらゆることに反応すると思われがちだ。
少し前には、それゆえ男性の方が、セックスから多くの満足感を得ているとされていた。しかし最近の研究実験によれば、女性の方がはるかに頻繁に、性的接触について考えていることが分かった。なぜなら女性における喜びの絶頂は、実は男性の何倍も長く激しいものだからだ。また性的接触時には、性感帯が活発化し快感が何倍にも増すことも、女性の満足感が高まる理由となっている。

◆マスターのコメント
女性は、中イキできるできないかで、決定的に異なります。中イキできる女性は、極めて健全で、パートナーとのセックスを夢見ます。中イキできる女性の性欲は、男性以上のこともあります。そういった女性をしっかりと十分に満足してもらうのも私のパフォーマンスです。
https://jp.sputniknews.com/japan/20150804696064/から

日本の新聞雑誌などでは、性行為に対する関心を失う現象を「セックスしない症候群」と呼んでいる。現代の日本人は、セックスを欲しなくなったと言われており、その事は今後必然的に、大規模な人口動態学的危機をもたらすのではないかと心配されている。

先頃英字紙「Japan Times」に、この問題をめぐりJapan Family Planning Association.が実施した最近の調査結果が掲載された。それによれば、先月ひと月間に、セックスをしなかった日本人は、アンケートに答えた16歳から49歳までの男女1,134人のうち49.3%に達した。ちなみに性別の数字は、男子48.3%、女子50.1%である。「Japan Times」によれば、この数字は2年前より5%も高くなっている。

セックスに対する関心が無くなったことについて、アンケートに答えた人達は、様々な理由をあげている。既婚者の男性の21.3%、女性の17.8%は、まず「仕事の疲れ」をあげた。その他、既婚女性の23%は「セックスにはうんざりする」と答え、男性の17.9%も「セックスには関心が無い」あるいは「嫌悪感を覚える」と述べている。
専門家らは、日本における「セックス危機」を発展した経済や顕著な男女不平等の問題に結び合わせて主張している。「the World Economic Forum」のリポートによれば、日本は世界男女平等ランキングで140カ国中、104位(アルメニアとモルディブの間)に位置するとの事だ。

日本におけるセックスレスの問題を調査し、2011年これをテーマにした記事を新聞「Washington Post」に書いたマックス・フィッシャー氏は、次のように指摘している-

「日本の働く女性は、矛盾の罠にはまってしまっている。問題は、育児プログラムが無い事にあるのではない。女性が出産したり、あるいは単に結婚する場合、仕事をやめるのが何か当然のように受け止められているところに問題がある。彼女達は、信じられないほどの社会的圧力の下に置かれており、仕事を続けられない状況にあるのだ。」

しかし、この事は、セックスレスの説明にはなっていない。ある場合には、働いていない日本の若者の間にも、セックスに対する嫌悪感が広がっているからだ。

日本の出生率は、昨年最低記録を作り、新生児の数は100万人を若干超える程度だった。今年は、130万人がすでに亡くなった。つまり、この数字を見れば、人口動態学上の危機が深刻化している事が分かる
日本の人口問題研究所によれば、日本の人口は、2040年までに、現在より約2千万減って1億700万人となる。

日本政府は、例えば、雇い主に対し、職場に社員を引き止めず時間通りに退社させるよう指導したり、あるいは児童手当を増やすなどして出生率を高めようと試みている。

しかしそうした措置が、果たして日本人がセックスに対する関心を取り戻す助けになるかどうか、それは分からない。

◆マスターコメント
既婚女性の23%が「セックスにはうんざりする」と答えているのが印象的です。おそらく中イキできていないのでしょう。中イキできる女性は、基本的にセックスが好きですから。(好色とか淫乱とかではありません。健全なのです。)
https://jp.sputniknews.com/science/201701133233380/から

セックスによって危険な病を完治することができる。

画期的な発見をしたのは北アイルランドの府ベルファースト王立大学の研究者ら。発見したなかにはアルツハイマー、インフルエンザ、糖尿病、脳梗塞、それに虫歯も入っていた。定期的に積極的な性生活を送ることで男性は40歳以降は梗塞、脳梗塞のリスクを半分に減らすことができる。ただし自分の性行為の能力を正しく把握することは大事。そうでないと逆にリスクを高める恐れがある。
糖尿病予防に関しては男女を問わずセックスは素晴らしい予防手段であることがわかった。またアルツハイマーも性行為によって打ち勝つことができる。

セックスは虫歯予防にも効果がある。行為の最中には大量の唾液が放出され、そのなかに抗生物質に似た要素が多く作られるというのがその理由。
https://jp.sputniknews.com/entertainment/201608292701170/から

学者たちは、性行為の理想的な時間の長さを発表した。

学者たちによると、性行為は31分間続くべきだという。
学者たちは、その間にカップルは快楽のピークに達するだけでなく、健康状態も大幅に改善されると伝えた。

また質の良い31分間のセックスは、素晴らしいがん予防にもなるという。

学者たちは、31分間にわたるセックスの最中に、パートナーたちの体が、多くの場合においてガンを含む生命を脅かす疾患を引き起こす「フリーラジカル」との戦いを開始するのを明らかにした。

またセックスによって血液循環が良くなることで、若返りの効果があるという。学者たちは、週に3-4回の31分間のセックスで若さを数十年間保つことが可能だと発表した。

◆マスターコメント
女性が中イキするには約20分必要だが、男性の平均挿入時間は7分。31分挿入し続けることは容易ではないですね。
でも、マスターは特別な動きをするので、女性を中イキさせ続けながら、30分でも60分でも大丈夫です。
https://jp.sputniknews.com/science/201702113328975/から

学者が、ヒトの健康に肯定的な影響をもたらす性行為の最も有益な特性について語った。

・免疫系の強化

頻繁な性行為は風邪を予防する可能性がある。性的近接は内分泌系を刺激する信号を下垂体に送る。刺激されるものの中には、ヒトの免疫システムの主要プレーヤーである胸腺がある。研究によると、最低週1,2回の性行為は免疫グロブリンA(IgA)のレベルを30%上げる。

・血圧低下

定期的な性行為は、血圧を正常化することができる。もしあなたが天候の変化による体調の変化に悩んでいるのなら、性行為はその不調に対処する素晴らしい方法になるかもしれない。

・心血管系の健康
他の効用に加え、性行為は脳卒中や冠動脈心疾患といった心血管系疾病が進むリスクを低下させる。性行為の欠如は反対に、心血管系疾病発病のリスクにつながる。

・効果的なストレス対策

愛する人と性行為を営むことは、緊張に対処する最も効果的な手段の1つだと考えられている。科学誌『Archives of Sexual Behavior』に掲載された2002年の論文により、精液は、抗うつ特性を有している可能性があると仮定することができる。性行為中の精液との接触は、女性の幸福度を上げ、全体的なストレスレベルを下げる可能性がある。

・睡眠の質の上昇

私たちの多くは性行為のあと、眠気を感じる。これは、全く説明のいく理由から起こっている。実は、性行為のプロセスで自然に分泌されるエンドルフィンが私たちを陶酔状態に近づけ、陶酔状態は、私たちが完全にリラックスするのを助けるのだ。

◆マスターコメント
マスターも、セックス中は鼻詰まりが解消されます。
あと、老化防止にも役立っていると思います。フレオナの仕事を始めてから、よく「若く見える」と言われます。
https://jp.sputniknews.com/science/201702133335918/から

ケンブリッジ大学のデヴィッド・スピーゲルハーター教授はこれから15年後にはベッドの上の愛の行為はまったく姿を消すのではないかと警鐘を鳴らしている。
研究者らが英国のカップルらを対象に行った調査では、過去30年間でセックスの回数が5分の2に落ちていたことが明るみになった。この傾向がこのまま続けば出産率は確実に低下する。
1990年代、夫婦の性交の頻度が月5回だったとすると、今日この回数は2-3回に落ちている。セックスの頻度が落ちた理由についてはシリーズドラマへの没頭があげられている。女性はTV画面のヒロインに没入してベッドシーンに過度に夢中になり、実生活で自分の相手と同様の行為に及ぶ願望をなくすという。

このほかベッドはセックスの場ではなくガジェットを見つめる場所に変わりつつある。ベッドは寝ながらニュースをみたり、スマホでゲームに興じるところという固定観念も性交回数減少の一因となっている。

◆マスターコメント
うーーん、本当かなぁ。医学の発展により、そのうち、器具などによって人工的にオーガズムを得られるかも。
でも、中イキの気持ちよさって、そう簡単に他の快楽で互換できないような気がする。そのくらい、気持ちよさそうだから。
Freonajapan

マスターです。東京出張中です。今回は、3回目で中イキ達成、10回目で中イキ達成の女性が誕生しました。 https://t.co/H2xAOgGERt
02-10 18:15

マスターです。
風俗嬢をしている方が時々来られます。
私の主観的な印象ですが、風俗嬢には中イキできない方が多いように思えます。
まず、精神面。いろいろな男性の相手をするので、悪い意味で慣れてしまって、感覚が麻痺し、性的喚起が少なくなる、一人の男性相手に集中できなくなる、と言った特徴があります。
次に身体面。乳首や性器を男性に触られるので、時にはこれを苦痛に思う、またイキっ放しだとキツイ、というわけでイキにくい体質になってしまうことが多いようです。