FC2ブログ
マスターです。
NHKスペシャル「ママたちが非常事態!?〜最新科学で迫るニッポンの子育て〜」を観た。

出産後に、母親の脳が変化することがわかった。

子育てのかかりきりの5年間は妊娠できないチンパンジーと違って、ヒトは毎年出産できる。これは、母親同士が共同して育児する「共同育児」という仕組みが原始時代からあった。
だが、核家族化によって、日本の母親たちは孤独となり、共同育児ができていない。だから、夫が仕事で不在になる時間が多い現代、母親たちは孤独感に満ちている。

胎児は、母親への負担をかけないように、夜間にしばしば目を覚まして酸素を消費する。これが、出産後もしばらく続くので夜泣きとなる。夜泣きするのはヒトの赤ちゃんだけである。なぜならば、他の動物は親とほとんど脳の大きさが変わらないのに対して、ヒトは二足歩行するために骨盤の産道が狭くなり出生児の脳が小さくなったから、脳が未発達なためである。

子育て世代の離婚件数は、子が0〜2歳のときが最多で、夫の行動にイライラすることが原因。
出産時に母の脳下垂体からオキシトシンというホルモンが大量に分泌され、子宮を収縮させて出産に導く。産後は、乳腺を収縮させる。そして、子への愛情を強めさせるが、他者に対する攻撃性(子を守るため)をも高める。
そうして、相手から快いものを得ると愛情が深まり、不快なものを受け取ると攻撃性が高まる。たとえ、夫が相手でも、育児に非協力になる等して妻が不快になると、オキシトシンによって攻撃性が増すというわけだ。
妻の夫に対する気持ちを、攻撃性ではなく愛情にするには、夫が妻の方を向いて育児について会話をする、育児で苦労している妻を認めるなど、妻の悩みに寄り添うことが必要である。

思うに、出産を契機にセックスレスに陥る夫婦は多いが、夫がちゃんと妻を中イキさせていれば、セックスレスにはならないと思う。妻にオーガズムを提供できれば、出産後に分泌されるオキシトシンによってより一層妻は夫を愛するはずだから。

中イキできない→気持ちよくない→セックスレスになる→愛情に飢える→離婚または不倫

が世の流れかなと思う。マスターの偏見ではなく、多数の奥さん方との会話から得たものです。
スポンサーサイト
[PR]