FC2ブログ
東京独女スタイルの記事から

私の考えとほぼ一緒の記事です。


*****以下引用記事*****

アラサーともなってくると、次に付き合う男性とは結婚を考えたお付き合いじゃないとヤダ!という独女も多いのではないでしょうか。結婚を考えて男性を選ぶと、どうしても年収や職業、次男かなどのスペックに目が行きがちです。

しかし、セックスの相性は数字では計れません。しかし、結婚生活への満足度にかなり大きな影響を与える項目。筆者の周囲で、セックスレスによる浮気や体の相性が悪くて離婚したケースが続いたので、既婚者にアンケートして出てきた意見を元に考察してみました。

セックスは「潤滑油」

「喧嘩しても、セックスすればスムーズに仲直りできる気がする」(36歳/営業職)

「セックスに応じてあげるとダンナが優しくなるので、まあいいかなと」(31歳/接客業)

セックスはしなくてもハグやキスはする、という夫婦は一見仲が良さそうですが、実はどちらかが我慢しているケースが多いのだとか。

些細なことで喧嘩になったとき、不満が爆発して離婚に発展してしまうような場合も。「子はかすがい」ならぬ、「セックスはかすがい」になりうるようです。

セックスは「女」でいるために必要

「全然しなくなると、体型やムダ毛にも気を使わなくなるから女として見られなくなってく気もするので良くないですね」(28歳/受付)

「セックスは大事です。結婚して15年経つけど、今でも週1回はしてるからうちはすごく円満だと思います」(40歳/専業主婦)

女性の性欲は年齢とともに成熟していくとも言われます。出産を機に性欲がなくなったというケースはよく聞きますが、逆に性欲が強くなるパターンもあるとか。

女性はホルモンバランスの影響を受けやすいので、今はそんなにセックスが好きじゃなくても、アラフォーくらいになってくると急に性欲が増してくるかもしれません。そんなときに、女扱いしてくれず「もう女として見れない」なんて言われたら・・・ショックすぎますよね。

どちらかが「我慢」を強いられる

「私にはレスだったのに、他で浮気してた」(32歳/企画職)

「レスがイヤだけど、今さら言い出せない」(33歳/教育関連)

女性の方が性欲が強いのに、夫にする気がない場合は不満が溜まって離婚になってしまうケースが多いように感じました。夫が求めてこない理由も、他で浮気しているケースもあれば、仕事が忙しすぎてうつ気味になっていたり、EDを隠しているケースまで様々です。

女性が考えるよりも男性の方が繊細な面もあるので、話し合えない雰囲気になってしまうと厳しいでしょう。一方、お互いに全く性欲がない同士だと上手くいくか?というと、子供が欲しくなったときにスムーズにセックスできなくなり、それはそれで困るようです。

「女」を忘れない意識を持つことと、それをちゃんと見てくれる男性を選ぶことが、いつまでも仲良くセックスができる夫婦でいられるコツのようですよ。
スポンサーサイト
[PR]

ニュースポストセブンの記事を読んで

結局、妻が夫とのセックスで中イキできないとき、他の男性として中イキできるとき、「運命的なセックス」すなわち「運命の恋」を感じてしまうだろう。中イキには、それだけの力がある。

*****以下引用記事***** 正月早々、不倫騒動に見舞われているベッキーだが、バッシング報道も含めスキャンダルの余波は収まる気配がない。

『不倫の恋で苦しむ女たち』、『復活不倫』など男女関係の著書が多いライターの亀山早苗氏は、今回の出来事をどう見ているのか。

 * * *
 スキャンダルがまったくなく、好感度の高いタレントとして知られるベッキーさん(31)が、ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音さん(27)との不倫を報じられた。正直、これほどまでの大ごとになるとは思っていなかったので、個人的には少なからず驚いている。

 1月6日に会見を開いたベッキーさんは、痛々しくさえ見えた。マスコミはこぞって叩き続けている。中には「汚れたベッキー」などとタイトルをつけてネットで記事を配信しているところもあり、いくらなんでも、そういう言い方はないだろうと、その無情な言葉の選択に腹が立ってきてしまった。10社あったCMも減少しそうではある。

 だが、一般的には比較的、冷めた反応が多い。いわく「事務所の力が弱かった」「スポンサー対応としては、あの会見もしかたがない」などなど。一般人は、すでにタレントと事務所とスポンサーのありようを把握しているのである。

 不倫の取材を続けて、17年になる。携帯電話やスマホというツールがあることによって、不倫のありようは大きく変わった。

 今回もLINEでのふたりのやりとりがスクリーンショットされ、公開されている。男性側のスマホを撮影したもののようだ。周りの男性たちからは、「危ないなあ、気をつけよう」とつぶやく声しきり。自分に何らかの関係がある番号をパスワードにしている人が多いため、配偶者としては、よく考えれば案外簡単にロックを解除できるものなのだ、実は。

 不倫は、どの立場になるかによって見方が変わってくる。一般論ではあるが、男性側になれば、「すでに妻との関係は破綻しているところに恋が始まった」のかもしれないし、女性側にすれば「最初は結婚していると知らなかった。だが知ったあとも好きだったから別れることはできなかった」可能性もある。妻から見た場合だけが、「裏切り」なのである。

 不倫は犯罪ではない。民法第770条には、「夫婦の一方は以下の場合に限り、離婚の訴えを提起することができる」とあり、そのひとつに「配偶者に不貞な行為があったとき」という項目がある。つまり、不倫を知って断罪できるのは配偶者だけ。はたがとやかく言うことではあるまい。

「糟糠の妻を裏切った」として、川谷さんも「世間」から非難されるのだろうが、「世間」は彼を非難する資格などないのだ。お互いに仕事上、「自らが商品」なだけに「世間」を気にするのはわかるが、本当は「そんなことはどうでもいい」のである。
 不倫取材を続けてきた立場から見ると、「結婚してしまってから、本当の恋、運命の恋に出会った」と言う人は非常に多い。結婚という束縛があるから、そして「いけないこと」という背徳感があるからこそ、不倫を「運命の恋」と位置づけてしまうのだろうと思ってきた。つまりは錯覚こそが不倫の恋のエネルギー源だと考えていたのだ。

 だが、最近、そうではないのかもしれないと思うようになった。ひょっとしたら、意識としての「運命の恋」は本当なのかもしれない。

 世間では、「友だち感覚の不倫が増えている」と思われているようだが、実際はその逆で、「友だち感覚の結婚が増えているから、結婚後の恋愛が刺激的で、運命だと思ってしまう」のではないか。

 結婚は「生活そのもの」である。大恋愛をしなくても「生活に差し障りがない相手」であれば、結婚生活はうまくいってしまう。経済的にも精神的にも生活が安定したところで、かつて感じたことのないような興奮と歓びに満ちあふれた恋に落ちれば、深みにはまるのは当然ではないだろうか。離婚のハードルも、一昔前に比べればずっと低くなっている現在、歯止めは何もない。

 不倫が「いけないこと」なのかどうかは、当事者にしかわからない。いや、命の火が消えるときまで、当事者にすらわからないことなのかもしれない。
女性の2〜3割しか中イキできない。

そこで、
1 中イキはできないが、経済的に裕福で金や物には不自由がない。
2 裕福ではないが、中イキできて性的には大満足
の2種類の女性のうち、どちらが幸せなのだろうかという問題
(3 中イキできず、裕福でもない。。。は、もう論外とでもいうべきか。)

1の女性は、よくフレオナに相談に来られる。そうして、中イキできるようになった彼女らの話を聞くと、1は本当の幸せではない、少なくとも女としての幸せはないらしい。私も、1よりも2の方が上かもなと思うことが多い。
セックスレスについて思う。

まず、女性の場合。男性がパートナーの女性(妻や彼女など)を愛していても、その女性とのセックスに不満がなくても、他のセックスパートナーが見つかるとそちらにばかり気が向いて、本来のパートナーとセックスをしないことがある。
これは、女性にとっては悲劇

ついで、出産を契機に、配偶者を妻としてではなく母として見てしまい、性欲が沸かなくなること。これは、男女ともにある。

男性が婚前に性風俗店を多用していると、性的サービスに慣れているので、女性パートナーの性技が稚拙だと嫌うことがあるかもしれない。多いのは、結婚後も風俗を利用する男性がいること。女性にとっては背信行為であろう。

男性の場合。出産を契機に妻の性欲が減退し、セックスレスになることがしばしばある。
男性の性技が稚拙で、女性からみて「痛いだけ」「気持ちよくない」となると、女性がセックスを拒否することがある。
女性は、男性のように無節操に他の男性に浮気することはない。多くの場合、男性からの愛を感じない、男性とのセックスが気持ちよくない、といった不満がたまると、他の男性を求めることになる。

で、私が言いたいのは、「男性がしっかりと女性をセックスで満足させれば、セックスレスになることはない」ということだ。出産しても、セックスの気持ち良さを忘れることなどない。出産を契機に性欲が減退する女性は、セックスで中イキできない女性だと思う。

だから、「中イキ」は必要なのだろう。
「中イキ」は、男女を強力につなぎとめる「強力接着剤」なんだと思う。
googirlの記事から

記事に書かれている内容には概ね同意できる。
真に男性を愛してくれている女性は、相手の男性に敬意を払い、相手の男性のしたいようにさせてくれる。言い換えれば、「手の平で上で転がしている」のであろうが。
そうでない女性は、拘束・束縛したがる。

*****以下引用記事*****
なぜか毎回モテる男性ばかり好きになってしまう、今付き合っている彼が異常にモテる。そんな、モテる男性と付き合う女性は、何かと気を揉むことが多かったり、ふとした瞬間に不安になってしまったりすることもあるのではないでしょうか。
今回は、今までいろんな女性と遊ぶことが多かったけれど、今の彼女と付き合うことでたった1人の女性を大切にしていこうと思うようになったという男性達に、そうなったきっかけについて、彼女達とのエピソードを聞いてきました。

ふとした瞬間に出た「本音」に打たれた

「僕の男友達も含めて彼女と遊んだことがあったんですけど、彼女は煙草が苦手なので、僕は煙草を吸いに少しの間席を外していたんですよね。そしたら、彼女が『会える時間がほんとに少ないのに、こうやって会えた時まで煙草が理由で席を外されるのが悲しい』とやや涙目で友達に打ち明けていたらしくて。普段はまったくそういうこと言わないタイプの子だったので驚きましたけど、それを聞いてからは『コイツの事はもっと大切にしてやんなきゃな』と思い、見方が変わりましたね。一緒にいる時間をそれだけ大事にしてくれているんだっていうのは素直に嬉しかったですよ。煙草もそれ以来やめています」(建設業/32歳)

自分のことを「本当によく分かっているな」と感じた

「僕は考えていることが顔に出ないタイプだと言われるんですが、今の彼女は自分がなんとなく凹んでいるとき、特に何も言わなくても分かってくれるところがあって。仕事のことでいらいらして帰ってきた時も結局気づかれてしまうんですが、『なんで機嫌悪いの?』っていう単刀直入な聞き方ではなくて、それを察した質問や話し方をしてくれるので、そういう時は自分のことを本当にわかってるなと思うし、この子しかいないなと思いますね。僕らは半年後に結婚予定です」(コンサル業/29歳)

「やりたいこと」や「夢」を尊重してくれた

「僕は結構突拍子もないことを考えついて実行に移してしまうタイプなので、そういう面も引かずに受け止めてくれる彼女の姿勢に『この子なら』と思いましたね。彼女自身も自分がやりたいことをやりきっている人間なので、何かに挑戦することに対して、いつも前向きな意見を言ってくれるんですよ。今まで付き合った女性は反対したり心配する声の方が強かった子が多かったので、こういう女性はなかなかいないなと。彼女と付き合うまでは浮気したりした経験もありますけど、今はほかの子に特に興味を持つこともないし、彼女一筋ですね」(IT企業経営者/28歳)

モテ男たちが“たった1人”の女性を大切にしていこうと決意したエピソードはいかがでしたか? 男性たちいわく、モテる、たくさんの女性と遊んできた、浮気性だったという男性の場合でも、本当の意味で大切にしたいと思う異性ができた場合には、ほかの女性への見方は大きく変化するとのことでした。1人1人の男性の意見、ぜひ参考にしてみてください。