FC2ブログ
 御息所(みやすんどころ。皇太子妃)は源氏より7歳年上の未亡人。荘園はたっぷりあるし、美人で地位も気位も高く、仮名書きでは当代随一の定評があった。若き日の源氏は、御息所の筆跡に魅せられて言い寄り、渋る彼女を口説き落として以来の付き合いであった。一度そうなると年増の深情で、若い源氏を熱愛しはじめたくせに、あまりに権高で逢っても気詰まりなので、源氏の足は次第に遠のいた。それでもたまに源氏がつまみ食いした夕顔を、生霊(いきすだま)となって取り殺した御息所は、次に源氏の正妻で産み月の近い葵の上に憑りついた。調伏をしたおかげで男児 夕霧を産んだが、その後も憑りつき、ついに葵の上を殺してしまった。
 当時は、怨霊があると人々は信じていて、鳴弦や加持祈祷などをして物の怪を除き払っていた。鎌倉、室町時代でもそうである。なので、当時の人々にとっては、非常に現実的な読み物だったろう。

 憑りつく話については、非常にリアルに書いてあるのだが、ここでは省略している。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

 中流女性が面白いといっても、皇族である源氏にふさわしい身近な女性は、もちろん上流女性である。皇統につながる家柄、摂関家、左大臣、右大臣らの一門を独占している藤原北家の女性が対象である。藤原北家が権力を握ったのは、娘を皇后や女御、更衣などにして天皇の寝所にはべらせたからである。彼女らは幼少時から選りすぐられ、皇后等になるのにふさわしく教育された。

 こうなると、気位が高く、雅といった美意識や教養が多いので、恋愛してもすなおに甘えたり焼餅を焼いたりよがったりできない。だから男のほうはその美貌や教養に魅せられていても、逢う夜はいつも盛り上らないので、「夜離(よがれ)」といって足も遠のき、気のおけない中流女性をつまみ食いすることになる。

 そんな噂が聞こえてくると上流女性は気位がゆるさないから、嫉妬は表面化しないで内攻する。その潜在意識が生霊(いきすだま)となって現れ、後でわかったことだが恋敵の中流の「夕顔」を取り殺したのは上流の六条の御息所(みやすんどころ)であった。

 清少納言は、「いくら一夫多妻がしきたりだからといって、愛されるのならば一番でなければいやだ。さもなければ憎まれてひどい仕打ちをされたほうがましだ。二番目、三番目の間に合わせの通い妻というのだったら死んだほうがましだ」と当時の貴族女性が言いたくてもいえなかったことをすばり言っている。「すべて人には一に思はれずば、さらに何にかはせむ。唯いみじう憎まれ、あしうせられてあらむ。二三にては死ぬどもあらじ。一にてあらむ。」
chief_freona

久々の緊急地震速報にビビった。 http://www.freona.com/ #jishin
05-28 22:56

関内のイタリアンバーで飲み
05-28 19:33

今日は横浜みなと散歩
05-28 10:22


セックスレスの女性が、夫や彼氏と別れることなく、別の男性をセックス相手(恋愛相手)とすることは、複数恋愛(ポリアモリー)の一種です。

フレオナでは、どうすればセックスレスの人妻が離婚することなくセックスできるのか、オーガズムを得ることを出来るのか考えてきました。

一番いいのは、旦那さんの意識が変わり、セックスしようとする意欲が増し、EDが治り、早漏が治り、セックスの技術が向上することです。
でも、それは実際にはほとんど期待できないのが実態です。

そうすると、フレオナのような女性用風俗でストレスを発散して癒されるか、夫以外の愛人を持つしかありません。

ですが、夫以外の愛人を持つことは人妻にとっては非常に危険です。恋愛感情のもつれ、トラブルの危険があるし、妊娠や性病の危険もあります。夫に露見すれば離婚裁判で負ける可能性があります。また、夫以外の愛人を探すにしても、自分と性の相性が合う男性は簡単には見つかりません。

そこで、フレオナでは、そうした女性の救済のためにポリアモリーコースを新設しました。従来の性感マッサージとの違いは、一回いくらではなく、一ヶ月いくらというものになることと、性感マッサージよりも恋人風の接し方による癒しに重点を置いています。

ぜひ、貴女もご検討してみてはいかがでしょうか?
 平安初期を代表するプレイボーイであった在原業平は、政治的に不遇であった在原一族があることないことをかき集めてできた性愛の英雄であった。これに代わって藤原氏の全盛期であった平安中期に登場した『源氏物語』の主人公の光源氏は、野党の在原業平と違って、天皇が皇子を親戚に下して贈る源姓を名乗る高貴な身分である。与党の一員である上に、美貌と学問と才芸に恵まれ、おまけに多情多恨で、一度寝た女性は美醜にかかわらず見捨てないというヒューマニストなのだから、当時の理想的な男性像である。もちろん、前代から続く一夫多妻制が大前提ではあるが、光源氏は何十人の愛人を持とうとも読者に文句を言わせない、偉大なる女性コレクターに仕立てられている。

 だから光源氏は、女性向のあらゆる情念やテクニックを持っているが、これという個性が無い。
一方、源氏に愛される女性達は、実に個性的で生き生きとしている。つまり源氏物語は男を描こうとしたのではなく、一夫多妻制度の下で愛に生きるよりほかはなかった貴族女性の哀歓を描こうとしたのではなかろうか。具体的にその貴族女性とは、第二帖「帚木(はははぎ)」で貴公子三人がまくし立てる「雨夜の品定め」、殿上人の性愛の対象として品定めされている女性たちがそれである。

 貴族女性を上中下の三階級に分けて品評する。下流は昇殿を許されない六位以下の官人の娘たちで、貴公子たちは歯牙にもかけない。上流は、家栄え、申し分の無い家の誇り高い女性たちだが、これが評判よくない。つまり、貴公子たちよりも階級が上なので相手にしてもらえなかったり、あまりに雅さにこだわりすぎて、感情を押し殺しすぎ、愛情や嫉妬心を表さず情熱的でないからである。

 これに加え、中流女性は、成り上がりや、諸国の国司の娘などいろいろな家庭に育っているので、性格や主張、趣味がはっきりしていて興味深い。「中の品になん、人の心々おのがじしの立てたるおもむきも見えて、分かるべきことかたがた多かるべき」
 ただし、中流女性と言っても、貴族の中の中流であり、一般大衆は清少納言ですら「下衆(げす)」と呼ぶように見下された存在であるので、今日の「中流階級」とは全然違う。
chief_freona

関内で美女と飲み http://t.co/BnWpKkm
05-27 20:18


ギズモードから

将来は、快楽目的のセックスと生殖目的のセックスが完全に分離されるそうだ。だが、その前に越えなければならない壁はあると思うよ。セックスを気持ちいいと思えない女性が多いんだから。
chief_freona

週末は予約で一杯です。
05-26 22:32

ポリアモリー(恋愛革命)、なかなか素晴らしいシステムかもしれない。 http://www.freona.com/
05-26 22:32


2011.05.26 ポリアモリー
ヤフーニュース< http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110526-00000015-pseven-int >

セックスレスに対する有力な答えの一つかもしれない。


 アメリカでここ数年、それに呼応するかのように結婚の新たなトレンドが出現している。「ポリアモリー」だ。2006年にオックスフォード英語大辞典に新たに加わった「ポリアモリー」とは、夫婦やカップルがそれぞれの了承で特定のパートナーを1人に限定しない関係のことを指す。決してフリーセックスや浮気が目的ではなく、複数の相手と同時に親密な恋愛関係を築く形態をいう。

 テキサス州に暮らすクリストファー・ジェイコブス(46)と妻ジェニー(40)は、出産以降、セックスレスになった。ジェニーは性的に満たされず、バイセクシャルということもあり、結果的に女性と性的関係をもつ。

 だが裏切りを悔やんだ彼女は、たまらず夫に浮気を打ち明けた。そして愛し合う2人が12歳になる娘とこれからも一緒にいるために、夫婦の生活にもう1人女性を参加させてはどうかと提案した。「他の女を抱きたいと思うことはない?」と聞くと、最初は否定していたクリストファーも「ある」と認めた。

 結婚カウンセリングの専門誌によれば、アメリカ人既婚男性の60%、既婚女性の50%が不倫を経験している。進化生物学者や心理学者の中には、2人以上に恋愛感情を抱くのは人間として自然だと主張する者も少なくない。ジェニーはいう。

「結婚とは一生涯、不貞を隠して性的な忠誠を守り続けること、つまり心の平安を守るために相手を『所有』することなのか。私の場合、性的に所有し合うことはうまくいかなかった」

 現在、2人は31歳のジェマという女性を加え、それぞれが肉体関係と恋愛感情をもちながら幸せな夫婦生活を送っている。

 今アメリカで彼らのようにポリアモリーを実践している人は50万人を超えるという。ポリアモリーに特化したオンラインマガジンには1万5000人の定期読者がおり、様々なメディアで取り上げられるようになっている。インターネット上で恋人を募集する夫婦も少なくない。

 例えば、テリサ・グリーンナン(43)は、夫ラリー(53)と彼氏のスコット(53)と一緒にワシントン州の一軒家で暮らす。彼らはポリアモリーな関係だ。テリサには、フェイスブックで知り合ったマット(41)という別の彼氏がいる。既婚者のマットは妻のベラ(43)とともに、毎週末をテリサの家で過ごす。ちなみにベラはラリーとも恋愛関係にある。複雑すぎる関係だが、テリサは当たり前のようにこう語る。

「この関係にセックスは重要じゃない。自分の人生に2人以上の恋愛相手がほしいと思ったから、このライフスタイルを実践しているの。複数の相手との恋愛は世界で何世紀も行なわれてきたし、やっと多くが公に発言するようになったのよ」

 ポリアモリーが結婚の形を変えるかどうかはわからない。だが間違いないのは、伝統的な結婚に窮屈さを感じている人が増えていること。注目すべきは離婚率や結婚率の低下ではないと、ジョンズ・ホプキンス大学の著名な社会学者アンドリュー・チャーリン教授は言う。

「問題はなぜいまだに大勢の人が結婚をするのかだ」

 一夫多妻もポリアモリーも、結婚のあり方を考え直すのにはいい題材なのかもしれない。

※週刊ポスト2011年6月3日号」
奈良時代以来の恋愛結婚で成り立つ一夫多妻の妻所婚が引き継がれているのだから、当然ながら「みやび」すなわち「色好み」の伝統は、平安時代に引き継がれた。
それは、伊勢物語の主人公 在五中将在原業平の色好みを見ればわかる。

平安初期の歌人で六歌仙の随一、在原業平の行跡と歌集を題材として説話化されたと考えられている。在原氏は天皇の外戚となった藤原氏の権力に圧迫され、政治的な栄達は望むべくもなかった。とてもいい男で歌が上手、女たらしであった業平は、かなわぬ政治的野心を抱く代わりに、恋と歌に生きたプレイボーイであった。
だから、その生涯に託して恋の諸分(しょわけ)を描いたこの歌物語は、業平の子孫が父祖をネタにして仕立てた恋の英雄伝説であった。戦争や内乱がなく天皇統治が4世紀以上続いて安定していた世に、ヤマトタケルのような勇ましい武闘的な英雄物語は不要であった。

その見事な恋の武者ぶりは、後続のプレイボーイのあこがれの的となり、早くも中世には「陰陽の神といはれしも、唯業平のことぞかし」(謡曲・杜若)と、男女和合の神に祭り上げられている。

その伊勢物語の第一段
12、3歳で元服した昔男が、領地のあった奈良の春日の里に狩りに出かけると、鄙まれな美人の姉妹に出会った。この田舎に不似合いな美しさに動転した若者は、狩衣の裾を切り取り、「春日野の若々しい紫草のように美しいあなた方を垣間見た私の心は、今私が着ている信夫摺り(しのぶずり)のプリント模様のように、限りなく乱れています」という意味の歌を切り取った裾に書き付けて贈った。
 伊勢物語の作者は、昔人は、元服したばかりの若者でも「かくいち早き雅をなむしける」と結んだ。

万葉時代には、情熱的な慕情とそれに見合った風流な振る舞いをする者を「遊士(みやびお)」と言ったが、平安時代になると「色好み」と言うようになった。奈良時代では色彩や表情(顔色)の意味であった「色」に、「はなやか(はんなり)」又は「恋の情趣」の意味が加わった。これは、けっしてスケベという意味ではない「美徳」であった。

色好みは、この時代では人間の肯定的な要素だったから、兼好法師は「よろずにいみじくとも、色好まざらむ男はいと騒々しく、玉の杯の底無き心地ぞすべき」と言っている。
chief_freona

若い女性には経験が足りず、そうでない女性には時間が足りない。 http://www.freona.com/ #sensualmassage
05-23 20:48

今夜は自転車の下見に行ってきた。日本に9軒しかないS WORKSの店。
05-23 20:47


chief_freona

今晩は、天ぷら
05-22 18:09

埼玉に車で行ってきた。日曜は人も車も多いね。
05-22 18:08


chief_freona

焼肉開始。ただしユッケを除く。lol http://t.co/BnWpKkm
05-21 18:21

今日は暑い。これでは、梅雨明け後どうなることやら http://www.freona.com/ #sensualmassage
05-21 12:16


過去にも似たようなことを書いたけど、また書いてみる。

セックスにおいて、男女が交合して、共に同時にオーガズムを得る。大変素晴らしいことである。

この場合のオーガズムとは、男性ならばウェットオーガズム、つまり射精。
女性ならば、クリではなくて膣挿入でいくこと。つまり中イキ

ほとんどの男性は、無理なくオーガズムを得ることができる。むしろ早すぎて彼女に不満を与えるくらいだ。

女性は、統計上26~28%しか、中イキできない。
また、女性のオーガズム曲線には3種類あるが、「連続で何回も中でいく、又はイキっぱなしの状態になる」のが理想的曲線である。

もし、女性を連続中イキ又はイキっぱなしの忘我の状態にした末に、最後の最後で男女が同時にいくと、これはもうこの世のものとは思えない素晴らしい喜びである。

そのときにこそ、大人の男女の「本当の愛」を知ることができるのだとさえ思える。
これは、経験者にしかわからないことなのかもしれない。
それは、能力を持つ男性(私が掲げる3つの条件を満足するイカメン)が、適切な手法、技術、愛情と体力を駆使することによって、男女の心身が完全に調和がとれる、同期するものである。

適切な手法等があれば、ほとんどの女性は、この完全一致の境地に達することができると私は信じている。
男女のカップルがその域に達すれば、極めて安価で極めて良質の快楽を得ることができる。
また、体の結びつきが心の結びつきまでも強化し、そう簡単には別れない関係を築くことができる。おそらくは、セックスレスにもならないのではなかろうか。

「男女の心技体の完全一致」・・・素晴らしいの一言に尽きます。
chief_freona

でかねた回転寿司なう。 http://t.co/BnWpKkm
05-20 20:52


僕は、仕事で女性と面談するとき、よく「オーガズムと逆上がり、ごちそう」の話をする。

逆上がりは、ほとんどの人が小学生時代にやらされたであろう。
最初からできる子にとっては苦も無いことである。
できない子にとっては苦痛である。
先生や親に教えてもらって、何とかできるようになる。

不思議なもので一回できるようになると、ずーっとできるようになる。
これは、自転車をはじめて乗るときに似ているかもしれない。

オーガズム(中イキ)も同じで、最初からある人はある。苦もないことである。(実際には相手がいるので、相手によっては苦もある。)
ない人にとっては、途方にくれる状態である。そもそも「イクとはどういうものなのか」もよくわからない。自分がいったかどうかもわからない。
だが、あの手この手でいけるようになると、次回からは苦もなくいける。(逆上がりほど単純なものではなく相手がいるので、実際には「定着」させないといけない。)

僕の仕事は、逆上がりの方法を教えたり、訓練したりすることだと思って欲しい。

次に、ごちそう。
例えば、Aというあるご馳走があったとしよう。貴女はまだAを食べたことがない。(特上寿司でも、松坂牛のステーキでも、中華料理フルコースでもなんでも思い浮かべて欲しい)

Aという食べ物は店に行ってお金を出せば誰でも食べられるものではない。値段自体は安いが食べ方にコツがあるからだ。そのコツを使って食べれば、無上の美味を味わえる。

Aという食べ物を知らない女性は、「Aを食べたい。」とは思わないだろう。Aの存在すら知らないのだから。
Aという食べ物の噂を聞いた女性は、「私もAを食べてみたい」と思うだろう。
Aという食べ物を食べたことがある女性でも、コツをつかめずに美味を感じなかったら、「Aなんてこんなもの」と思うだろう。彼氏が「一緒にAを食べよう」と言ってくれば、付き合い程度に一緒に食べるかもしれない。
Aという食べ物をコツをつかんで食べて、その無上の美味を知った貴女は、その価格の安さもあって、「また食べたい」と思うだろう。毎晩ベッドの中でAを思う浮かべ、唾液がいっぱい出る、胃液もいっぱい出るかもしれない。Aなしには生きていけないかもしれない。

僕は、「オーガズムはAみたいなもの」と教えている。

ここで注意して欲しいのは、私はオーガズムの押し売りをするつもりはない。
「世の中にAという食べ物がある。その本当の味はこうである」ということを知ってほしいだけだ。
その本当の味を知った上で、「私にはAは必要ない」と思うのであれば、それはそれで結構なことである。そういう女性に、「Aを食べろ」というつもりはない。
また、「Aを食べるコツは、やたらと難しいものではない」ということも知ってほしい。生まれコツを知っている女性が統計上26%程度いることはわかっている。残りの約74%の女性にどのようにコツをつかんでもらうかが、私の仕事である。
日本人は欧米人に比べると勤勉で、エコノミックアニマルだと言われた。だが、それは日本史上最悪の飢餓感と喪失感に襲われた戦後から復興すべくなったものであり、戦前までの日本人は遊ぶことを知らない民族というわけではなかった。

 戦前までの日本人は遊ぶことにかけては世界無比の民族であった。伝統的な俳句、和歌、川柳を国民大衆は今もって鑑賞したり作ったりしているし、中世以来の茶の湯や活花をたしなんでいる。
 戦前までの日本の青年男女は、中世以来の謡をはじめ、江戸時代に登場した琴・三味線・尺八、それに長唄、小唄、歌沢、端歌、新内、常磐津、清元などをお稽古事として一通りたしなんだものであった。日本人は「遊芸」の徒だった。

 遊芸とは、功利的、即物的な実生活のわずらわしさから脱け出して、自分の心を豊かに楽しく解き放つ浄化作用で、もっとも人間的かつ美的な行為である。そういう日本人の遊芸の精神は昨日今日にはじまったものではない。

 日本も神武の昔までは、遊びとは狩猟のことであった。耕して狩りをするという古代では、セックス以外には狩猟しか楽しみが無かったわけだ。
 しかし、律令制度が整備されて豪族が貴族となって荘園の不在地主となると、暇をもてあますようになった。このため、狩猟以外の遊びをするようになった。

 ももしきの大宮人は暇あれや 梅をかざしてここにつどへる

 さて、「みやび」の「みや」は宮で、神宮、皇居、皇族の御殿などを言う。それから転じて、それらの宮のある政治・経済・文化の中心地である都会を「みやこ」と言った。そこで、優雅でファッショナブルなことを動詞で「みやぶ」と言い、その連用形が名詞化して、宮廷風、都会風の洗練された優雅なふるまいを「みやぶ」と言ったのである。粗野で田舎めくことを「鄙ぶ(ひなぶ)」、「鄙びる」という用法と同じである。そして、その「みやび」な生き方をする男子を「遊士(みやびお)」と言った。(実は、ゆうの原語も「遊人」である。)

 大伴旅人の弟の大伴田主は容姿佳艶、風流秀絶、見る人聞く人嘆息せずということがなかった。ここに石川女郎といういたずら女が、独り暮らしも寂しく、田主と同棲したいと思い、変装して田主の寝室に近づき、「火を恵んでくれ」と言った。田主は女郎とは気付かず正直に火を分けてやったので女郎はやむなく帰った。
 女郎は、「お前さんはたぐい稀な遊士だと聞いていたが、せっかくの据え膳を食わないとはなんとまあどじな遊士だこと」と戯れ歌を贈った。

 これに対して田主は、
 遊士に吾はありけり宿かさず 返しし吾ぞみやびをにはある
(得体の知れぬ味もそっけもない据え膳を食うようでは、本当の遊士とはいえないのだよ)とあしらった。
 男女の交情も歌を贈答したり雅な導入部がないとお話にならないというわけである。

 遊士たるものは、梅花の宴を催し、詩酒の世界に没頭するだけではなく、恋愛の情趣を解する人間味豊かな「色好み」でなければならないのである。大伴田主こそは日本におけるプレイボーイの第一号、在原業平、光源氏、世之介ら色好みのルーツであったのである。

<僕も遊士の境地に達したいっす>
異性との出会いの回数から別れの回数を引くと、0又は1ではなかろうか?

まず、過去に出会って別れた相手については、出会い回数イコール別れ回数で差はゼロ
ついで、異性と交際中の場合は、出会ったけど別れていないから、差は1
異性と交際していない場合は、差はゼロ

結局、差はゼロか1

さて、僕の場合は、ゼロなのか1なのか。お客さんの中には僕にゾッコンの人もいるから、それをカウントすると、2にも3にもなるかもしれない。

いずれにせよ、数多くの出会いと別れがあったことは事実である。

そして、過去に別れた女性のことなどを思い出すと、

1 僕は彼女を好きだったけど彼女に振られた。
2 彼女は僕のことを好きだったけど振った。

の2パターンがある。
2より1の方が多いけど、今思い出すのは、2の女性の方である。1の女性については、「男を見る目がなかった女、ご縁がなかった女」として扱っている。
今になって思えば、2の彼女達は僕を真剣に愛してくれた。本当に感謝しなくていけない。足を向けて寝られないくらいだ。なんで振ったんだろうとさえ思う。

だから、ここ数年、僕を愛してくれる女性を振るようなことはなるべくしないようにしている。仕事上、どうしても複数女性が同時に僕を好きになることがあるので、その際は、仕事の範囲でおさえておくか、ある女性だけを客から「彼女」に「昇格」してもらうことがある。

だが、客から昇格した彼女は、僕の仕事を知っているから、毎晩焼餅を焼く。だから、僕の彼女になることができる女性は、僕の仕事を知っているが僕の仕事を理解できる女性、僕の仕事を知らない女性のいずれかである。

とりとめがなくなったが、僕は、「自分を愛してくれる女性」を大切に扱いたいし、できるだけ傷つけたくないと思っている。
chief_freona

横浜のジャズバーにてブランデーグラスを傾ける
05-18 20:35


794年に平安遷都されたが、政治体制が変わったわけではない。630年から開始されていた遣唐使を894年の唐の反乱を理由に廃止し、徐々に日本独自の文化が自立していった。

 唐絵から大和絵、漢字から仮名などである。
 男性は、公文書が漢文だったために漢字だけをつかって文書を書いたが、表意文字である漢字だけを使うよりも、表音文字である仮名も使ったほうが、日本語の表現はしやすかった。
 このため、紀貫之が女の仮面をかぶって土佐日記を書いたのを端緒として、仮名の女流日記文学の時代がはじまった。
 政治的、経済的に父系化が進む中でも平安貴族の中では婚姻関係や相続関係ではなお母系制が維持されており、女性も荘園の不在地主という有閑婦人となり、仮名文学の担い手となった。
 この時代の貴族男子は12、3歳で初冠という成人式を行い、社会人としての体裁をととのえるために2、3歳年長の女性を嫡妻として迎えた。まず、夫が妻の家に行き数ヶ月又は1年前後同棲した後、あらためて自宅へ妻として迎えた。嫡妻以外の妻とは、昔のように恋歌の贈答により、合意を得れば通い婚となる。

 新婚ほやほやがおわり、鼻について男が通わなくなると、「夜離(よがれ)」となり、女の方がしばらく行方をくらまして一件落着となり、それぞれ再出発するという放縦な男女関係であった。前代に引き続きこれといった道徳的、法的な規範がなかったのに、人間らしい行動や秩序が美しく保たれるようになったのは、直情径行の前代と違って、「みやび」という美意識が醸成されていったからである。
ヤフーニュースから< http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110510-00000302-playboyz-soci >

 総務省統計局の『平成17年国税調査報告』によると、20代男子の未婚率は83.1%にも上る。

 男子の草食化により「結婚なんて興味ナシ」という男性が増えているように見えるが、結婚相談所オーネットの『2009年全国20代・30代未婚男性 結婚意識調査』で「結婚したい」と回答している男子は80%。大多数の20代男子が結婚に興味を持っているにも関わらず、「結婚していない」「結婚できていない」という実態が浮かび上がる。

 背景には「収入が安定しない」「不況で先が見えない」などの理由が見え隠れするが、こんな時代だからこそ、「早く結婚した方が得な面もある」と仲人の達人で結婚相談所歴30年の久保田祐子氏は指摘する。

「家賃や食費、光熱費などはまとめられますし、携帯料金の家族割も使える。固定費を引き下げられるから、ふたりで住めば確かに生活費は安くなりますね」

 さらに、夫婦共働きなら経済的な負担はもっと軽くなるが、それ以上のメリットもあるという。

「高収入の女性は増えていますし、結婚後に仕事を続ける方も多いです。でも、実はお金のこと以外に、若いふたりの共働きにはいいことがあるんです。それは、賢い女性は男性の良い面を伸ばしてくれるってこと。本質的に、男はみんなマザコン。うまく女性に甘えることで、女性の母性を引き出すことにもなる。そうやってお互い支えあっていけば、いい夫婦になれますよ」(久保田氏)

 また、「既婚者のメリット」は実生活の面に留まらない。結婚歴2年の住谷一平氏(仮名、29歳・通信会社勤務)は、こんな意外な理由を挙げる。

「既婚者好きの女性って意外と多いんです。自分、路上や飲み屋でナンパをするのが趣味なんですが、なぜか即ヤリ率が高くなりました。今も3人のセフレを抱えている状態ですよ。既婚者は嫁や子供がいるので決して危ない橋は渡らないという安心感がある。避妊もしっかりする。後腐れないエッチを楽しみたい女子にとって、既婚者ほど都合のいい存在はないんです」

 金銭面、生活面、果てはセックス面までと、既婚者のメリットは多い。「お金がない」「相手がいない」と結婚に踏み切れない20代男子も、本気で婚活してみる?
過去にも似たようなことを書いたけど、また書いてみる。

セックスにおいて、男女が交合して、共に同時にオーガズムを得る。大変素晴らしいことである。

この場合のオーガズムとは、男性ならばウェットオーガズム、つまり射精。
女性ならば、クリではなくて膣挿入でいくこと。つまり中イキ

ほとんどの男性は、無理なくオーガズムを得ることができる。むしろ早すぎて彼女に不満を与えるくらいだ。

女性は、統計上26~28%しか、中イキできない。
また、女性のオーガズム曲線には3種類あるが、「連続で何回も中でいく、又はイキっぱなしの状態になる」のが理想的曲線である。

もし、女性を連続中イキ又はイキっぱなしの忘我の状態にした末に、最後の最後で男女が同時にいくと、これはもうこの世のものとは思えない素晴らしい喜びである。

そのときにこそ、大人の男女の「本当の愛」を知ることができるのだとさえ思える。
これは、経験者にしかわからないことなのかもしれない。
それは、能力を持つ男性(私が掲げる3つの条件を満足するイカメン)が、適切な手法、技術、愛情と体力を駆使することによって、男女の心身が完全に調和がとれる、同期するものである。

適切な手法等があれば、ほとんどの女性は、この完全一致の境地に達することができると私は信じている。
男女のカップルがその域に達すれば、極めて安価で極めて良質の快楽を得ることができる。
また、体の結びつきが心の結びつきまでも強化し、そう簡単には別れない関係を築くことができる。おそらくは、セックスレスにもならないのではなかろうか。

「男女の心技体の完全一致」・・・素晴らしいの一言に尽きます。
7世紀半ばの大化の改新によって、大王は天皇となり、豪族は官僚貴族となった。
この改新で施行された「男女之法」は、日本最初の婚姻法である。一般公民である「良民の男女間に生まれた子女はその父につけよ」(第1条)とある。これは、それまでの夜這いによる招婿婚と母系家族制度を、父系に切り替えようとするものであった。
 この法は、早くから父系制であった中国封建社会の制度に倣ったものであり男尊女卑であったとは思えないが、家庭や社会や国家における権力を男の手中に収めようとするたくらみであったことは、同じく中国の「三従七去」の道徳律を採用していることでわかる。
 三従は、「女たるもの、未だ嫁せざるは父に従い、嫁しては夫に従い、夫の死後は子に従う」という服従のモラルである。
 七去は夫が一方的に妻を離別する七つの条件で、これを棄妻(きさい)と言っている。
1 子なきもの。 2 みだらなもの。 3 舅姑に仕えないもの。 4 口うるさいもの。 5 盗心あるもの。 6 焼餅やき。 7 悪い病のあるもの。
 上の条件を一つでもそなえている妻は離縁してよろしいというわけである。

 こうした制令いじりは、天皇を頂く貴族官僚が現実との調和を考えもしないで、制度と一緒に中国から持ち込んだ道徳律だから、そう決めたからといって、女性はもとより一般国民大衆がおいそれと従うわけがない。だから、国民大衆の性愛生活は少しも変わっていない。その後の産物である万葉集その他を見ても、相変わらず自由奔放かつ熱烈に愛し合っている。

 そうはいっても、律令制度の普及が進むと、政治的にはもとより、農耕生活の労働面においてもその主導権は男に移っていった。こうして徐々に三従七去の道徳律に蝕まれていったのである。
chief_freona

明日(17日)の午後が急に空いたので、急募中です。直前割引ありです。 http://www.freona.com/ #seikanmassage #sensualmassage
05-16 23:09

男女の心身完全一致。能力を有する男性が、女性に連続オーガズムを提供し、男女が同時に果てること。この世のものとは思えない無上の境地です。すべての女性がこれを会得したら、世界は極めて平和になるでしょう。 http://www.freona.com/
05-16 22:40

18日(水)平日夜間特割、横浜で性感マッサージ付き出張ホストの予約入りました。 http://www.freona.com/ #seikanmassage #massage #sensualmassage
05-16 20:29


ヤフーニュース< http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110507-00000020-pseven-soci >から

◆セックスの良さを老いてからはじめて知るなんて!でも知らないで死ぬよりマシだよね◆


若者の間で「草食化」の波が広がりつつあるのに対し、高齢者の間では、“性のアンチエイジング”が進んでいる。その背景には何があるのか?『熟年性革命報告』(文春新書)などの著書がある小林照幸氏が、最新事情をレポートする。

 * * *
 特別養護老人ホームに、80代前半で入居した男性と70代後半で入居した女性がいた。どちらも配偶者を失い、数年の独居生活を経ての入所。2人とも、普段は施設内で車椅子を使用していたが、互いに好意を持った途端、それまで投げやりだったリハビリに積極的に取り組むようになった。
 
 目的はひとつ。「車椅子から降りて、杖や手すりを使わず、2人で手をつないで施設の廊下を死ぬまでに歩きたい」というものだった。ささやかな願いが、2人の残りの人生における最大の夢となった。

 1年後、ゆったりした歩調ながら、2人は一緒に廊下を歩けるようになった。その後は、互いのベッドを行き交い、抱き合い、さらに、体の動く可能な範囲での性交渉を持つようにもなる。2人にとって特養での毎日は、人生最後の恋の日々となったのだ。
 
 こんな事例から、私は「いい年をして」という偏見を改め、「高齢者は老後の生き方の選択の一つとして、恋愛や性を“生きている証し”と捉え、愉しんでいる」のだと考えるようになった。
 
 中高年の恋愛と性をテーマにした著作があることで、私は高齢者の方々から、自らの充実した性生活や恋愛について手紙やメールを頂く機会も多い。「家族や友人、知人にはとても話せないが、理解のある第三者ならばぜひ聞いてもらいたい」というわけである。それらの中には、配偶者同士の変わらぬ恋愛もあるが、配偶者を亡くした者同士の恋愛、あるいは不倫も少なくない。

 中高年世代が恋愛や性を愉しむには、「健康である」「自由に使える金がそこそこある」「自由な時間がある」という3要素が不可欠だ。携帯電話、特に携帯メールという男女の恋愛における究極のツールの普及も大きい。

「彼女(彼)は、今の自分の生き甲斐です。生きてきて本当によかった」「家庭は壊したくない、家族も失いたくない。でも配偶者と添い遂げるのは……」と、真面目に語る人々に私は接してきた。
 
 実は「人生最後の恋」「結婚後の初恋」という情緒的な印象もある中高年の恋愛や不倫では、「セックスが、こんなに気持ちいいものだったとは」という“発見”をしているケースが圧倒的に多い。「セックスなんて所詮、こんなもの」と諦めていた人が、年相応のセックスを愉しめるようになることで、それまでの意識を一変させるのである。

 仕事や子育てから解放された安堵感は男女に共通するが、特に女性の場合は、妊娠を気にしない精神的な安心感も大きいようだ。
 
 現在の高齢者は、「生殖のための性から情緒安定のための性」のあり方に気づき、「老いらく」を「老い楽」にしている先駆者でもある、とも私は考えている。

※SAPIO2011年5月4日・11日号
chief_freona

僕の技術の一つが、電動マッサージ器を使ったものです。AVでやってる電マをあそこに押し当てるなんてことはしません。特別なやり方で、「イキながら開発」できるんです。 http://www.freona.com/ #massage #sensualmassage
05-15 20:06

明日からの平日の夜は、ツイッター限定特割だそうです。一緒に甘い時間を過ごしましょう。 http://www.freona.com/ #massage #sensualmassage
05-15 20:04

三浦半島一周サイクリングした。3月までしていた荒川サイクリングや都内自転車移動で培われた能力は健在だった。荒川自転車道、偉大なりだね。 http://www.freona.com/ #cycling
05-15 20:03

最近、女性の冷酷さを思い知らされることが多い。女性は腕力こそ男性に劣るが、他の面では男性を凌駕しているね。そんな女性がオーガズムを我が物にしたら無敵になるねー。 http://www.freona.com/ #massage #sensualmassage
05-15 00:06


昼前から、三浦半島一周サイクリング

総行程67.1km 消費熱量1283kcal

引越し以来、はじめての中距離走。

最近あったいろいろなことを思い出しながら、若干、感傷的な走行

美しい海と海岸、多くの観光客の姿を私を慰めてくれた。

さねさし 
相武(さがむ)の小野に 燃ゆる火の 火中(ほなか)に立ちて 問ひし君は
(相模の野に燃え立つ火の中でわたしの心配をして守ってくださった貴方(今度はわたくしがあなたをお守りいたしましょう) )

<日本武尊(やまとたけるのみこと)は東征し、各地で苦戦しながらも勝利を収め、走水の渡り(横須賀市)に到達した。
そこから房総半島に向けて船で渡る途中暴風雨に遭った。
その時、尊の妃弟橘媛命(おとたちばなのひめのみこと)が身を海に投げて命をかけて海神を鎮め尊の一行を救った。
上記は、その時に妃が詠んだ歌>
chief_freona

twitterだけの特選情報配信開始です。明日の午後は直前割引ありです。 #seikanmassage #sensualmassage http://www.freona.com/
05-14 21:44

.@twinavi のツリーにプロフィールとキーワード[性感マッサージ]...を登録してみたよ! http://bit.ly/k2NJtw #tree_twinavi
05-14 21:31

関越道嵐山で事故渋滞www
05-14 10:24

今から前橋のタキザワサイクルに行くよ!
05-14 08:31


sexpert_y_asuma

女性とは実に残酷な生き物であると思うことがある。悪く言えば自分本位、良く言えば、精神的にたくましい。 #sensualmassage
05-13 23:44

今日は実に意義深い日だった。新たな門出にふさわしかった。
05-13 21:27

アメ横なう
05-13 17:27

駅前で白い女子高セーラー服を着たオジサン発見!オエー
05-13 16:39

朝ガスト中。最近はパソコンだけじゃなくプリンターも持ち込んで仕事する人もいるね。ちなみに若い女性
05-13 11:18


フレオナのサイトにもアップした内容です。http://www.freona.com/info/orgasm01.html

◆オーガズムとは
 オーガズムは、性的絶頂のことです。オーガズムには、クリトリス(陰核)でいくクリトリスオーガズム(「クリいき」)と、膣内でいくヴァギナオーガズム(「中イキ」)の2種類があります。
 クリいきは、女性の自慰(オナニー、マスターベーション)でも容易に触れることができるため、多くの女性が獲得しています。(女性のオナニーの98%はクリトリスへの刺激を伴う。)
 一方、中イキは、なかなか自分では刺激できないし、刺激しても最初は気持ちよくないのでなかなか自慰でも継続できません。男性とのセックスでも最初から感じる人もいれば、全然感じない人もいるなど個人差がとても大きいです。
 このため、中でいけない女性は、成人女性の74%程度はいると思われます。
また、オーガズムのパターンは、下図のとおり3種類あります。
 このうち曲線1は、理想的なもので、オーガズムを複数回獲得しています。
曲線2は、オーガズムに達する前の段階を長時間経たのちに下降してしまうもので、「いけそうでいけない」というものです。多くの女性がこれで悩んでいます。
曲線3は、男性的な曲線で、一気にオーガズムに達すると、それで終わってしまうもので、連続オーガズムを得られません。

◆オーガズムを感じるのは
 これは、煌ゆうの経験に基づく考えです。オーガズムを感じるのは、一義的には女性器のセンサーである神経です。ですが、神経に加えられた刺激を「気持ち良い」と認識するのは神経ではなく、脳です。ある食べ物の味は常に同じですが、それを旨いと思うか思わないかは、舌ではなく脳であることと同じです。
 ですから、オーガズムを得ようとするとき、単に体や女性器に刺激を加えるだけではダメなのです。

◆まずはクリトリスオーガズムから
 クリトリスオーガズム(クリいき)と、ヴァギナオーガズム(中イキ)は別のものですが、フレオナでは「まずクリいきがないと、ヴァギナオーガズムへ発展しにくい」との考えの下、女性にはクリいきができるようにアドバイスしています。ですから、女性が1人で行う場合は、オナニーとそれに類似したトレーニングとなります。既にオナニーでクリいきできる女性は、次にチャレンジしてください。
1 できるだけ弱い刺激でイク。
2 1回いっても刺激を止めないで、連続でイク。何回もイク。

◆神経トレーニング
 「オーガズムを感じるのは」で触れたとおり、オーガズム取得には、体への物理的刺激(性感マッサージ)だけではなく、脳への刺激、脳のトレーニングが必要です。

 ◇自律神経訓練>
  執筆中

 ◇快感イメージトレーニング
  執筆中

◆クリトリスオーガズムからヴァギナオーガズムへの発展
 ここからがフレオナとマスター煌ゆうの真骨頂です。フレオナでは、独自の「快感域拡張技術」で、クリトリスオーガズムをヴァギナオーガズムへ発展させます。
 また、神経トレーニングを活用して、ヴァギナオーガズムをより獲得しやすくします。
とはいえ、個人差があるので初回で多くの女性が中イキに達する一方で、10回近くかかって中イキする女性もいます。

◆オーガズム曲線の改善
 多くの相談女性が犯す失敗は、「中イキを1回できた時点で安心又は満足して、ご利用をやめてしまうこと」です。
 中イキは、男性でいえば射精と同じで、本来ならば「できて当たり前」のことであり、よりよい人生や生活をしようと思ったならば、よりよいセックス、より高いオーガズムを得なければなりません。
 そのためには、中イキを1回から2回、3回と増やし、最終的には「イキっぱなし」になることが理想です。もし女性がそのレベルに到達したならば、たいていの男性とエッチしてもイケルでしょう。
 一方、女性を10回いかせたり、連続オーガズムさせたりしようとすると、男性には30分以上の持続力が求められます。また、女性のオーガズム曲線に合わせた運動や、膣内のあらゆる場所で感じられるように刺激する技術なども求められます。
 フレオナの男性アドバイザーは、このように中級女性を上級女性に飛躍させるために必要な体力と技術を有しております。