FC2ブログ
最近、自転車走行などの運動後にプロテインを飲むようにした。
もともと、筋肉がある方なので、これ以上筋肉を増やしたくなかったのだが、試しに飲んでみた。

すると筋肉の増強やそれによる体重増加というデメリットが現れる前に別のメリットがあった。
それは、運動によって疲労し損傷した筋肉の回復が早くなるということである。

考えてみれば当たり前か。筋肉の原料であるたんぱく質(プロテイン)を飲んでいるのだから。

このため、筋肉痛が以前よりも減り、自転車走行速度もあまり減衰しなくなった。

次に、いつもは赤いリュックサックを背負って走行するのだが、今日は荷物が少なかったのでウエストポーチを腰に巻いて走った。
すると、予想以上にポーチの空気抵抗が少なく、時速2、3キロは速度が上がったように感じた。

これは新たな発見である。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

理想の異性の条件を書いたリストを2枚作り、1枚は冷蔵庫に貼り、もう1枚は財布に入れるといいかもしれない。こうすればリストを毎日見るようになる。この方法のいいところは、時間の節約になって、無駄な恋愛を回避できることだ。自分の理想のパートナー像がはっきりしているから、そこからはずれた異性にアプローチされたときに、はっきり断ることができる。この人なら変わってくれるかもという変な期待を抱くことも無い。

たとえば条件の70%は合っていて、残り30%も気にならないと思える相手なら、お互いをもっと知るために交際してみるのもいいだろう。でも20%しか条件を満たしていない相手だったら。。。さっさと忘れるのが身のため。。。
愛には愛で返したい。
仕事上はもちろん、私的にもそうありたいと願っている。

若い頃は、そこそこ持てたが、私を好きになった女性に、愛のお返しをしたのかというとそうではなかった。それは、まだ自分が未熟だったからだ。愛のお返しと言っても、好きでもないのに、みせかけの愛を演出して、相手に束の間の幸福を提供することではない。
「僕を愛してくれてありがとう」と感謝する心を持つということだ。自分の好みでない異性から告白されることもあるが、ただ断るだけではだめだ。少なくとも、相手に対する感謝といたわりが必要だと思う。

そう思うようになったのは、7年前に身体障害者にサービスしたときだ。
とてもかわいそうな境遇の女性だったので、僕は約1ヶ月間仕事ができなくなってしまったのだ。
誰かも愛してもらえない彼女を見て、「愛してもらえることのありがたさ」がよくわかった。

だから、僕は、愛に対して愛で応えようとしない人をあまり好まない。
私達の脳は、周囲で起こっていることの5%以下しか情報として取り込んでいない。それ以上の情報が来ると、処理が追いつかずに脳がオーバーヒートしてしまう。そのとき、あなたが興味があったり、考えていることだけを選択して、あとは無視するように処理してしまう。
白いヴィッツが欲しいなと思っていると、同じ車種の車がやたらと目に付くようになるのはそのためである。

 これをパートナー選びに応用しよう。あなたの理想のパートナーはどんな人なのか、その特徴をできるだけくわしく書き出してみるのだ。遠慮する必要は無いが、現実を忘れてはいけない。ディカプリオ本人を望んでも、さすがにそれは無理だ。でもこれだけは保証できる。理想のパートナーの条件をリストにした瞬間、あなたの周りにはその条件を満たした異性が次々に出現するだろう。
2009年現在、世界の総人口は68億人、50.5%は男性で49.5%は女性。18歳から60歳までの人は38億人で、更に諸々の条件を当てはめると、パートナーに適するのは約3億8000万人。そのうちピンとくる人が50人にひとりの割合として760万人、更に価値観や信念が似かよっている人が5人に1人として、少なくとも152万人の異性があなたを待っている計算になる。

 でもその中からとびきろのパートナーを見つけるにはどうすればよいか。これは数の問題だ。セールスの世界には5-4-3-1の法則というのがある。セールスマンが5軒に訪問販売をするとしたら、実際にあってくれるのは4軒、話を聞いてくれる家が3軒、買ってくれるのは1軒という法則だ。

 パートナー探しも同じで、家で引きこもっているだけでは誰も近づいてくれない。自分から行動してなるべく多くの人と出会うことだ。

 まず、何か習いたいことを見つけよう。絵やダンス、写真など、昔からの興味はあったけれど、なかなか挑戦できなかったことがあるはずだ。実際に趣味を始めれば、いろいろな過程でいろいろな人と出会う。趣味が同じだから、価値観や信念の近い人と知り合える可能性が高い。同性の友人でもいい。その友人が異性の友達を紹介してくれるかもしれない。

 しかし、パートナー探しだけを目的にしてはダメだ。きちんと計画を立て、まじめに取り組もう。熱心にやればやるほどパートナーと出会える確率も上がるだろう。
6 相手を変えようとする。

 「彼って、今までろくな女と付き合ってこなかったのよね。でも私となら大丈夫。これから変わっていくはずよ。」・・・しかし残念ながら彼は変わらない。

 多くの女性は、愛という魔法で相手を変えられると信じているが、実際にはこれまでの週刊を繰り返すだろう。もっともその本性が現れるのは、交際後しばらくたってからだ。最初のうちはどちらも悪い面を隠し、いいところだけを見せようとする。
5 すべてを相手に合わせようとする。

 新しい恋人を満足させたい一心で、意見の衝突や相手の気分を害するようなことを徹底的に避けようとする。いわば相手にとってイエスマンになるわけだが、イエスマンは誰からも尊敬されない。受身で従順な態度を続けていると、あなたの中に怒りや恨みがたまっていく。でも相手はあなたに感情などない。あったとしても考慮する必要は無いと思うだろう。付き合い始めてから2、3度は大喧嘩をしないと、お互いの本当の姿を知ることはできない。
なぜ、私は、女性の性生活改善に取り組んでいるのか?

それは、女性の性生活に問題がたくさんあるからである。

統計上、膣でイケる女性は、26ないし28%程度に過ぎず、残りの70%以上の女性は中でイケていない。
ほとんどの女性は、中でイケるようになるのだが、そうなるには女性だけの努力では足りず、男性パートナーの絶大な協力と、それにもまして、豊富な知識と技術、経験が必要になる。

一方、最近の若い男性は草食化しているし、そうでない男性もAVを盲信してしまう傾向がある。
このため、多くの女性が、本来到達すべき頂上にたどり着けないでいる。

逆に、中でイケる女性に言わせると、その気持ちよさは半端ない。
「宇宙一、幸せ」に感じるそうだ。最小不幸社会の対極にある最大快感世界である。

女性管理人の斉子の強い推奨によって、私は、女性に適時適切に絶頂を提供すべく、日々精進しております。
新車が納車されたのでようやく初スキー(前の車の車検が切れた12月末から納車までは車無しの状態)

昨晩23時頃に出発してスキー場で車中泊しようと思っていたが、20過ぎに眠くなってきたので、3時に起きて出発。7時前に到着。

走行中もいろいろ悩んだが、スキーヤーオンリー(スノーボード禁止)というのにひかれて、長野県は八ヶ岳一帯にあるブランシュたかやまスキー場に行ってきた。道路は乾燥していたので、FF+スタッドレスで余裕で行けた。ハイブリッドは高速ではそれほど燃費がよくなく、リッター18キロくらい。

スキー場は、良かったです。この一帯は長野県の南部なので、降雪が少なく晴天率が高い一方、夜間は冷え込むので、アイスバーンなどが多く、硬いバーンが多い。だが、今日のブランシュは気温は低かったけどバーンは硬くなく、良い雪質だった。

小学生無料の日だったから混雑するかなと思ったけど、それほどでも。

初すべりだから、例年と同じく、太ももの筋肉がびっくりして筋肉痛が始まったのだが、サイクリングで鍛えたおかげか、意外に疲れなかった。8時から14時まで滑走

昨年までの右脚の操作不良はなぜか軽微だった。おかげで、小回り、大回りとも快調。エキスパートコースのコブ斜面も初すべりにしては上出来。

帰りは、関越が渋滞する前にと思って14時にスキー場を出たが、16時過ぎから関越の渋滞が始まってしまった。幸い、渋滞はまだ小規模だったのでたいして遅れなかったです。

それにしても、やはりスキーはいいです。自転車のスピード感とは別の質です。
4 依存度の高い相手を選んでしまう。

 君が必要だ、君がいてくれるだけでいい。。。精神的に不安定で、相手にべったり依存する人を好きになってしまうことがある。しかし、つきあっていくうちにうんざりして、ほかの相手を求めるようになるだろう。反対にあなた自身が離婚や別れによって依存心が強くなっているときは、どんな人と付き合ってもつらい別れを繰り返すことになる。
 別離の痛みから回復するには、その人と一緒だった年月の約1割の時間が必要だという。(例:3年間付き合ってから別れたら、約3ヶ月)
 とりあえずは一人の時間を過ごして、冷静になったところで次の相手を探そう。
当面の滑雪予定は次のとおりです。
女性で同伴希望の方は常時受付中。
フレオナのスキーコースを申請すれば、無料で性感トリートメントを受けられます。
委細は、メッセージにて。

2月20日(日)
3月5日(土)又は6日(日)
3月12日(土)又は13日(日)
3月19日(土)又は20日(日)

ただし、通常の性感コース希望の女性から予約が入った場合は、そちらを優先することがあり得ます。
3 問題に目をつぶらない。

 脳が恋愛ホルモンで充満している場合は、相手に問題があると薄々とわかっていても見ないふりをしたり、友人の忠告を却下したりする。相手のよくないところは無視して、願望混じりの理想像を当てはめてしまうのだ。でも相手に関する情報はどんなものでも取り入れて、慎重に判断する材料にしよう。
2 恋愛期に陥りやすい5つの落とし穴1

◆ホルモン頼みで相手を選んでしまう。
「死ぬほど愛してる!」というのはその場限りの感情であり、生涯を共にできる相手かどうかは関係ない。性衝動から恋愛までの段階は、脳内に恋愛ホルモンが充満していて、いわばドラッグでハイになっている状態で、健全な判断ができない。

今あなたが「彼(彼女)と見えない糸でつながっている、見えない力で引かれているような気がする」という理由だけで結婚を考えているのであれば、一から考え直したほうが良い。
あなたにそう思わせているのはホルモンであって、理性ではない。
勢いに任せて将来を決めるのは待ったほうが良い。
1 理想のパートナー像とは

理想のパートナーを見つけるには、次の2つが重要になる。
・ あなたがパートナーに求める条件をはっきりとさせる。
・ パートナーがあなたに求める条件を満たす。

 昔から女は男に「資源」を求めてきた。そのため男は資源をためこむ能力か、資源を手に入れる権力、あるいはその両方を獲得するように進化してきた。そして男は、というと女に求めるのは子孫を残すための生殖能力だ。だから女は子どもを産める自分をアピールするために、若くて健康的な印象を与えようとする。

2 価値観が同じ?

 長年にわたってパートナーであり続けるためには、資源や若さと健康以外の条件も必要になる。それは基本的な価値観や信念が一緒かどうかだ。
 だが、最初から価値観や信念が一緒なカップルはいない。ある程度似ている価値観に加えて、時間をかけて相手を理解して価値観を調整することが必要である。それには時間がかかる。恋愛が始まった頃は、恋愛ホルモンが支配していて、互いに良いところばかりを見せようとして真相がわからない。

・ 基本的な価値観とは
 ・ 子育てやしつけの考え方
 ・ 家事や家庭内での責任の分担
 ・ 経済観念(いつ、何に、どうお金を使うか)
 ・ 清潔観念、生活水準
 ・ 社会と家族のかかわり
 ・ セックスを中心とする親密な触れ合い

・ 基本的な信念とは
 ・ 宗教感
 ・ 倫理・道徳観
 ・ 政治、文化に対する考え方

 恋愛ホルモンの分泌がおさまって、本当の価値観や信念が見えてくるのは1年ほど先だ。
11 なぜ女はワルい男に惹かれるのか?

 ふだんは物静かな男を好む女が、激しい悪人タイプの男性に身を任せるとしたら、おそらく彼女は排卵期だったはずだ。攻撃的で荒っぽい男は、おとなしい男より生存する確率が高いので、女は本能的に前者の遺伝子を求めたのだ。でも排卵期が過ぎると、やさしくて自分を守ってくれる男に好みが戻る。

 女は自分に資源を与えてくれて、自分だけに目を向けてくれる男を求めるのと同時に、本能では優秀な遺伝子を必要としている。ただ残念なことに、それが一人の男で実現するとは限らない。

◆最近普及してきたDNA鑑定では、結婚した夫婦から生まれた子どもの10%は、父親が別の男だったという調査結果がある。DNA鑑定が登場する何千年も前から、この割合は変わらなかったものと思われる。

 死と隣り合わせの非常事態では、こうした傾向が更に強くなる。イギリスの病院に残っている記録では、第二次世界大戦中に正式な夫婦の間に生まれた赤ん坊の6人に1人は夫が父親でなかったという。戦争という非常事態に加えて、アメリカ兵が近くにたくさんいたために、女達は生殖本能が全開になったのだろう。


★男性や動物のオスが最も嫌うのは、女性やメスが自分(男、オス)の子でない子を産むこと、その子を自分の子だと思って一生懸命に働かされることである。本能的に男やオスは、自分の遺伝子を受け継いでいない子を育てようとは思わない。
 ゆえに、妻が浮気をして、夫の子でない子を産むこと、その子を養わされることを男性は極度に嫌う。
10 女はセクハラをどうとらえているのか?

セクハラ訴訟の93%は女性が起こす。データを表面的に眺めると、男はセクハラをする悪いやつという印象しかないが、情状酌量の余地がないわけでもない。女はセクハラと類する行為に過剰に敏感で、激しいストレスを起こしやすい。それに、もし男がセクハラを女から受けても、訴えなど起こさないだろう。
 セクハラを受けるのは、20~35歳の女性が3/4を占める。これより高い年齢になると、セクハラの訴えは激減する。このことから、やはり子どもを産める年齢にあることが女性の魅力のひとつなのだ。

 女は男からのセクハラを侮辱と受け取る。
 男は女からのセクハラを賞賛と受け取る。

 カリフォルニアにあるクレアモント大学の心理学教授バーバラ・グテックは職場でのセクハラについて調査を行った。それによると、女性の55%は過去5年間に職場でセクハラを受けたと答えたのに対し、女性からセクハラを受けたと答えた男性はわずか9%で、訴え出たものは皆無だった。同僚からのセックスの誘いを侮辱と受け取った女性は63%だったのに対して、男性は反対に67%がうれしかったと答えている。
二十二歳で逝った3名の戦没学生が現代を生きる若者に遺したメッセージ
「二十二歳の君たちへ」

9 女は、なぜ性的攻撃を受けるのか?

本人が望まないのに、又は本人の了解を得ずに性行為を無理やりさせるが性的攻撃だ。そうした暴力的な性行為を女が内心望んでいるというまことしやかな話があり、インターネットにもそうした画像があふれているが、それは間違いだ。
 ところが男は性的攻撃を女ほど深刻にとらえず、それどころがセックスの起爆剤ぐらいに考えている節がある。女は男にお尻をたたかれると屈辱にまみれるが、男は女にお尻をたたかれるとむしろ喜ぶのだ。
Siehe, im folgenden Video!
2月9日ニュースアンカー 青山繁晴氏


現内閣は、延命(予算関連法案成立)のためだけに、節操のないことをしているそうです。
そして、もはや延命策はほとんど通じず、予算関連法案不成立、内閣総辞職又は衆議院解散総選挙が3月末に迫っている!!!

・社民党との連携(そんなことして、普天間はどうする?
・小沢切り(小沢を切ったら、小沢派の票がなくなり、法案が不成立になる。)
・TPP(アメリカに気に入られたいだけ)
・北方領土問題(内閣、外務省等が方針不統一)
・北朝鮮拉致問題(実は、横田めぐみさんは生きているらしいのだが。。。)

最後に、青山氏が涙声になった。それだけ、この国の政治は末期に来ている。。。
去年の12月下旬以来、寒波が襲来しているが、今日ほど寒いと思った走行はない。

気温だけなら、正月あたりの方が低かったと思うが、今日は、べた雪が身体に付着し、自転車の後輪は路面の雪解け水を巻き上げて背中からお尻までびっちょりにしてくれたし、手袋もヘルメット内も濡れたし。。。。で、体温が恐ろしく低下しながらの走行でした。
やはり、体が濡れると、寒さが倍増しますね。

朝11時過ぎに麻布十番から池袋方面へ移動。

体温が下がって、いつものように毎分90回転のペダリングができない。太ももが力を出し切らない。
スキー用の手袋をしていても、指先がかじかむ。
雨天用ではなく、防寒用のシューズカバーをしてきたから、防水でないので、靴の中が浸水。つま先もかじかんだぁぁ。

自宅近くのマックでマイアミバーガーを食べたけど、体温が下がって内臓の活動が低下したのか、フライドポテトを食べ切れなかった。
なんとか帰宅して、お風呂に入って復活しました。やっぱ、お風呂はいいなぁ。
朝鮮学校を無償化すると、日本国民の生命財産に危険が及ぶ不測の事態が起こり得るそうです。
だから、去年11月の北朝鮮による砲撃事件を受けて、無償化手続きを停止したそうです。

いやはや、そんな学校を無償化しようとするとは、国民として納得できませんな。

「2.9 予算委員会 下村議員の質疑 これが日本の国会?!」

8 どうして女はセックスのとき気が散りやすいのか?

「セックスのとき女は文句が多すぎる」と男は嘆く。部屋が明るすぎる、暗すぎる、うるさい、静か過ぎる、壁が薄くて隣に聞こえるのではないか、などなど。男は一度にひとつのことしかできないので、そんなことはまったく気にならない。セックスをしているときは、外からの刺激にはまったく無頓着なのだ。
しかし女の脳はマルチタスクなので、身の回りに起こっていることがすべて情報として入ってくる。原始時代には、男と女がどちらもセックスに夢中になっていたら、たちまち猛獣の餌食になっただろう。常に周囲に注意を払う役目が必要だった。それを女が引き受けたのである。
だから女のその気を持続させるには、ストレスを排除することだ。邪魔の入らない安心できる部屋で、周囲の音が気にならないよう静かな音楽を流すのが良い。
ニコ動の動画紹介文を引用
「日本は1歳児~4歳児の死亡率が世界一となってしまった。驚くのはまだ早い=中絶=毎年=1,000,000人=が処分されていることを日本人は知らなければならない=GHQが中絶許可した(=それまでは中絶禁止)の日本殲滅作戦が効いてきているのです=中絶を禁止すれば少子化なんてアホみたいだ!=どの国も中絶は禁止です。=『天使のほほえみ』が活動中です。現政権は『イデオロギー政党』であり共産主義者=松下圭一理論でつながっている者達であり『地域主権=新しい公共』は国家を否定する『革命』だった。松下圭一の理論のまま事態は動いている。平成20年8月22日チャンネル桜」

7 なぜ女は触れられることが好きなのか?

 女性の身体には、触覚受容体が1万個もある。男は3000個しかない。これほど触角が発達したのは、赤ん坊の体調や気持ちを敏感に汲み取るためだ。だから女は相手と触れ合うことをとても重視する。

 ところが男は、女がそばに来て身体に触れた途端、セックスのリクエストだと勘違いしてしまう。これが世のカップルが抱える悩みだ。女は、手をつないだり、髪をなでられたり、やさしくマッサージしてもらったりと、セックス以外の触れ合いが大好きなのだが、男はセックスの前段階に過ぎない。首尾よくセックスできて、2人の関係が確かなものになったら、そういう触れ合いはやめてしまう。
3から5は、データを消失したのでありません。

6 どうして女は年上の男を好むのか?

 年齢が高い男は、より多くの資源を持ち、社会的地位も高いかの巣エイが高い。オーストラリアの麗では、2008年の時点で20歳男性の平均年収は27,000ドル、30歳男性は44,000ドル、40歳男性は53,000ドルだった。年上の男性は精神的に安定していて頼りがいがあるし、女を大切にしてくれる。ただ女が希望する年齢差はせいぜい3~5歳だ。それ以上はなれると男は早くに死んでしまい、資源の供給が断たれてしまう。女が年下の男と結婚する地域もあるが、それはたいてい女が裕福な場合であり、しかも自由恋愛ではなく、取り決めによる縁組だ。

 男は女をセックスの手段とみなし、
 女は男を成功への踏み段にする。

 年配の女と若い男という組み合わせもあるが、その背景には2つの要因がある。
 まず、女自信が資源を持っていて、男の資源を当てにしなくていいこと。そして出産年齢を過ぎているので、同年代やそれより上の男から見て魅力がないことだ。要するにセックスや資源をエサに若い男を捕まえるわけだが、この関係は長続きしない。
 女は自分より頭の良い男を好み、男は自分より頭が悪い女を選びたがる。お馬鹿な(又は馬鹿を演じている)女が頭の切れる男とくっつくことはあるが、その逆は喜劇でしか見られない。つまり現実ではほとんど起こらない。
基本料金無料で冬季に大人気の「スキーコース」に加えて、今大流行中の「サイクリング」コースが追加されました。(チーフゆう限り)

私、煌とサイクリング(まじめなサイクリングから、自転車による散歩まで、自転車による移動ならばなんでも。)した場合は、基本料金無料となり、サイクリング後にサービスが提供されます。とても健康に良いコースです。ただし、地理的な問題から、範囲は次のようになります。範囲は融通が利くので、お気軽にご相談願います。

1 自転車道利用の場合
  荒川、隅田川、多摩川が主となります。
  荒川自転車道の場合、自家用車で「秋が瀬公園」に無料駐車すれば、秋が瀬公園を基点にしてサイクリングを満喫できます。


2 自転車散歩の場合は、
  東京都の西側、埼玉県の南部(さいたま市以西)が主となります。
★男の欲求はたったの2つ。食いたいとヤリたい、それだけ。

男が女を見た目で判断するという傾向は、何万年もの歳月をかけて進化してきたものであり、もう脳にしっかり配線されているからおいそれとは変わらない。男が若くて美しい女性に飛びつきたがるのは、人類の遺伝子を次世代に残す上で必要なことだったのだ。

まず、そんな男の根本的な性質を知ること。そうすることで男の好みをコントロールして、女に有利な方向に仕向けることだってできる。釣りをするときは、魚が好きそうなエサを選ぶのが常識。魚のほうからボートの中に飛び込んでこいと念じるのは傲慢というものだ。男を釣るのも同じこと。男脳には独特の配線があることを納得し、それに対応した戦略を立てるのがマン・フィッシングの王道なのである。
男は「末永く幸せに」なりたくて女と関係を持つのではない。
男の最大の関心事は、女が何をサービスしてくれるかだ。
女は男に資源を求め、男は女にサービスを要求する。何のことはない。男女の関係は突き詰めれば物とサービスの交換なのだ。

その証拠に、男に「奥さん(彼女)はどんな人?」と尋ねてみるといい。料理がうまい、家をいつもキレイにしてくれる、子どもにとって最高の母親、セクシー、お尻が好き・・・などなど、時給払いができそうな「サービス内容」で評価する答えが返ってくるはずだ。もちろん女のほうも、男がどんな資源を与えてくれるかが評価対象になる。自分を養ってくれる、笑わせてくれる、持ち家がある・・・などなど。こうした需要と供給が一致した組み合わせを、世間では「相性のいいカップル」などと持ち上げるが、それはあくまで体裁のため。男が本当に興味があるのは、女の外見、そして女が提供してくれるサービスだ。

こういうと、「男ってなんて浅はかで自分勝手なの!」と怒る女がいるかもしれない。でも「男が求めること、優先することはそれほどシンプルなのだ。だから性格とタイミングさえ心得ておけば、男を満足させるのなんてとても簡単」だ。
けれどもそんな男の価値観を女の尺度で批判すると、男との関係はギスギス、ザラザラしたものになるだろう。
にがりに納豆、朝バナナ、もはや出し尽くされた感のあるダイエット業界が、奥の手を出してきたようです。その名も「セックスダイエット」。いよいよ、人間の三大欲求までもがダイエットに利用される時代になりました。
 美容整体師のAKEMIさん指導のもと、セックスダイエットを体験し、セ・キ・ラ・ラにつづったコミックエッセイ『セックス・ダイエット』(ミリオン出版)の著者であるドルショック竹下さん。ドルショックさんは、今までにも数々のエロ体験取材を敢行した根っからの肉食女子で、相当のセックス好きとのこと。楽しそうに励む姿が垣間見える本書ですが、そもそもダイエット効果はどれくらいあるのでしょうか。早速、ご本人に直撃しました。
――セックスをしすぎると痩せるというのは、女性の中でのいわば都市伝説だと思うのですが、本当に効果があるんですか?
ドルショック竹下(以下、ドル)「効果ありますよ! 2009年3月から8月までで、体重4.6kg、体脂肪は6.8%落ちました。セックスで痩せる、とか、きれいになる、というのは昔から女性誌などでよく言われてはいますが、実際にやった人はいなかったので、今回自分で体験してみました。"セックスで痩せる"と実証できれば、女性の読者の方にもメリットになりますしね。それに、もともとセックス好きですし(笑)」
――ええ、それは読んでいてよく伝わってきました(笑)。ただ、単にセックスをする以外に、セックスを妄想しながらする筋トレ(=セクトレ)や、カラダ作りのための食事制限もやられていますよね? ぶっちゃけ、痩せたのはこれらのおかげなのでは......。

ドル「いや、セックスだけでもちゃんと痩せるんですよ! ただ、それだけで痩せようとすると、週3~4回は必要。でも、共働きの人が多いし、なかなか難しいですよね。疲れていて週1~2回が限界の方も多いと思います。私も、この本の体験は旦那に協力してもらっていたのですが、どうしても充分な回数はできなくて。その補助的な意味でセクトレや食事制限があるんです。セックスできない日は、セクトレで少しでもモチベーションを保ち続ける。生理で1週間セックスできなくて、そのまま面倒になってしまうのを避ける、習慣付けの意味もありますね。それから、セックス中のスタミナ切れを防いだり、消化にいいものを食べたりするのも大事ですよ。消化に悪い夜ご飯を食べたあとにセックスして、最中に胃もたれしたら、もう萎えるじゃないスか(笑)」
――スタミナ切れ、耳の痛い話です。腰は疲れるわ、動けないわで、ダイエットどころの騒ぎじゃないですよ。
ドル「セックスで気持ちよくなるためには、ある程度の筋肉は必要ですよ。セクトレで筋肉をつけることによって、大きく動けるようになったり、締まりがよくなったりしますし」
――セクトレ、結構キツそうですものね。必要なのは分かっているんですが、なかなか続けられなさそうな......。
ドル「苦しいときは、セックスのことを妄想しながらキモチよくやってください(笑)。スクワットをするときは、騎乗位を想像して。実際、これの効果はすごくて、習慣的に騎乗位スクワットで鍛えたら、長く騎乗位で動けるようになりましたし、締まりもよくなったんですよ! 効果がありすぎて、セクトレで鍛えれば鍛えるほど、相手が早漏化していくというちょっと悲しい事態になりました(笑)。あと、セクトレを鏡の前で裸でやると、股関節の周りの肉がだんだん落ちてくるのが目に見えて分かりますから楽しいですよ。しかも痩せて肉が落ちると、挿入も深くなります」

★女性が積極的に動くことで、男性のセックスがうまくなる?
――で、このセクトレで鍛えた筋肉を、本番でも意識するんですよね。でも、筋肉のことばかり考えてたら、快感に集中できなさそうなのですが?
ドル「そこは、もう習慣化しちゃうんですよ! セックス中に筋肉を意識するのが当たり前って思えば大丈夫。女性にとっては騎乗位が一番脂肪の燃焼度も高いのですが、正常位でも、足をすごく開いてみるとか、両足の親指をギュッと閉じてみるとか、少し工夫するだけでダイエットに効果があるんです。もうひとつオススメなのは、鼻呼吸。セックス中、口ではなく鼻で呼吸をすると、脂肪の燃え方が全然違いますよ。筋肉の意識も、鼻呼吸も、たっぷりセックスして、習慣にしちゃってください!(笑)」
――ドルショックさんご自身は、筋肉を意識したセックスを習慣化するには、旦那さんだけでは事足りず、他の男性たちとのセックスを謳歌されたと聞きましたが......。
ドル「ハイ! "ドルショック牧場"の男性を総動員しました!(笑) 私、異常に性欲が高まる時期があるんですよ。そういうときに、旦那が疲れているなどでセックスできないとなるとものすごくストレスで。精神衛生を保つためにいるのがセックスフレンド、つまり、"ドルショック牧場"の牛たちですね(笑)。常に新規開拓していまして、今年に入ってからは10人くらい。よく牧場の作り方を聞かれるんですが、ヤリチンなんかはすごくいいですよ。後腐れもないし、女とヤりまくるのは、奉仕の精神に溢れてるってことですから。こういうこと言うと、旦那に対する裏切り行為だ、とか思われてしまうかもしれないですが、そこは自分にとって何が一番大切か、という話で」
――ドルショックさんにとっては、旦那さん一筋で幸せな家庭を、というより、"牧場"の男性たちとセックスしまくる方が幸せ、ということですよね。

ドル「そうですね! まさに。それにこの本の、セックスダイエット体験を通して痩せてリバウンドもしていませんし、脂肪を燃焼させるためにも私が一生懸命セックス中に動くと、男性側の負担が減って余裕が出るみたいです。そして、余裕が出ることによって、相手の男性は前戯が上手くなるんですよ。いい循環です(笑)」
――いいことづくしですねぇ。
ドル「わりとね。ま、こんなだから、『セックスダイエット』の本を作り終わった頃には、旦那と離婚しましたけどね(爆笑)」
 離婚したことによって、「存分に"牧場"の男の子とヤれる! エロ系の体験仕事も思いっきりできる!」と嬉々として語るドルショック女史には圧倒されっぱなしでした。ただ、セックスダイエット自体は、無理なく続けられてしかも快感、おまけにリバウンドなしという、ダイエットとしては申し分のない優秀さ。週1~2回程度のセックスと、合間を縫ってのセクトレ(=筋トレ+妄想)、意外と試す価値アリかもしれません。
 ちなみに、100%肉食系女子なドルショックさんは、やはり草食系男子がお好みの様子。「いい牛がいればいつでも歓迎(笑)」とのこと。我こそはという牛、もとい、男性の皆様、"ドルショック牧場"でメタボ防止のエクササイズはいかがでしょうか?(セックスダイエットは、もちろん女性だけでなく男性にも効果があるそうです)

『セックス・ダイエット』(ミリオン出版、1,260円)
整体師のAKEMIさんが監修した、真面目なダイエット本。騎乗位、正常位などそれぞれの体位のときに意識するポイントや、鍛えられる筋肉などを紹介。パートナーがいない人のために、セックスの代わりとなるトレーニング(セクトレ)も紹介されているので、男女を問わずに楽しくダイエットできそう。元夫との"仲良しぶり"や、"牧場"の男子とのお楽しみなど、ドルショックさんの私生活も垣間見れる。
2011.02.02 女性の願い7
★女は負け犬が嫌い

どこの国でも野心家でない男は女に持てない。怠け者で、仕事をくびになる男、大きな野望を持たない男は女に見捨てられる。女が好きなのは、仕事熱心でキャリアアップの目標を掲げる男だ。
では野心家の女はとどうかというと、大多数の男はそういう女を敬遠する。なぜなら男が女に求めるものは自分の遺伝子を受け入れてくれる健康な「いれもの」だからだ。

ずいぶん馬鹿にした話だと怒る女性もいるだろう。だがこの事実を覚えておくと、恋愛ゲームを有利に運べることは間違いない。

★女はいつだって欲しがり屋さん

すべての戦争は男が始める。戦争の目的はタダひとつ。敵国の持ち物を奪うことだ。持ち物といっても、土地や石油や都市といったものもあれば、子孫を増やすための手段もある。つまり女だ。歴史のどのページを紐解いても、戦争でやることは同じ。敵の領土に侵入して財産を奪い、敵とその息子を殺し、女達をレイプするか連れ去る。女が殺されることはめったにない。なぜなら征服者が遺伝子を残す手段だから。

 現代の男が財産や権力を欲しがり、コントロールしたがるのは、そういことができる男ほど女に好かれるからだ。「男は家族より仕事の方が大事なのね」とか、「ライバルと競って結果を出すことにばかり熱中するんだから」とか、女はよく愚痴をこぼす。だがそれもこれも、女がそういう男を求めるからに他ならない。