FC2ブログ
マスターです。次の通り、直前割します。
12月4日(水)夜、5日(木)夜、11日(水)夜(いずれも翌朝まで宿泊可)、横浜以南(横浜駅以南の横浜市、鎌倉市、横須賀市、三浦市、逗子市、葉山町、藤沢市、平塚市、茅ケ崎市)
料金は、ラブコース14,000円のところ10,000円とします。(他の割引の併用不可)
スポンサーサイト
[PR]

マスターです。週末に北関東の神社巡りをしました。画像はツイッターでアップします。
神社は、次のような感じです。
埼玉県:箭弓(やきゅう)稲荷神社、高麗神社、秩父神社、聖神社、宝登山神社
群馬県:妙義山神社、一宮貫前(ぬきさき)神社
栃木県:日光東照宮、日光二荒山神社、笠石神社
茨城県:大洗磯前神社、筑波山神社

妙義山神社は、紅葉がとても美しかったです。
笠石神社は、国宝の那須野国造碑がとても古くて良かったです。
東照宮は、絢爛でした。
ヤフーニュース「「剛力彩芽」と「前澤友作社長」が破局 関係者には既に報告」を読んで。

大方の人々が思う通り、男性は圧倒的な大金の力を背景として彼女に多量の「資源」を提供し、彼女はその対価として、愛情をはじめとする、多量の「サービス・役務」を提供したのだろう。

だが、圧倒的な大金で、そうした資源狙いの女性を何度でも交換できる彼は、世間の人々の予想通り、彼女の交換に至った。

彼は良好なサービスを受け取り、彼女は豊富な資源を受け取った。互いにウィンウィンである。

ZOZOタウンで購買した人たちの金銭が彼を経由して彼女に届いたのである。

これが、資本主義経済というものか。

彼女は、純愛をしたのかもしれないが、世の中の大半の人は、資源ねらい、金ねらいの行為だったと思うだろう。
私もそう思う。


私のように、男なのに、女性に資源よりもサービスを提供する存在は、また稀有で格別である。

  横浜、大阪で中イキ・膣イキの開発・提供をする創業15年以上の女性向け性感マッサージ:フレオナ
2019.11.08 バグ復旧
マスターです。
サーバーのPHPのバージョンが7.3になったら、ホームページ上にエラーメッセージが表示されたり、仮予約申込フォームからのメール送信で内容が送られなかったりとバグが発生しました。
当初は、CMSのJoomla!のバージョンアップが原因かと思いましたが、PHPでした。
3つのphpファイルのcontinueをbreakに書き換え、メールフォームのプラグインを最新のものにアップデートしたら治りました。
所要時間4時間です。ふぅー

  横浜、大阪で中イキ・膣イキの開発・提供をする創業15年以上の女性向け性感マッサージ:フレオナ
マスターです。
ときおり、男性から「スタッフになりたい」というメールをいただく。
大変ありがたいのだが、丁重にお断りしている。そもそも、現時点では募集していない。

なぜかというと、まずこの仕事は非常に難しい。
男性諸氏は、フレオナの男性スタッフが女性からお金をもらって楽しいことをしていると思い違いしているかもしれない。
実際には、私自身はそういった楽しい思いとは無縁である。いくつかの点を列挙しよう。
1 体調管理:常に体調を万全にし、急な電話依頼が来ても対応できるようにしておくこと。これは、あらゆる身心のコンディションを常時維持することを意味する。
2 仕事をすれば寝不足になったり、疲労困ぱいになる。それでも、仕事をする。
3 もっとも肝心なことは、「こちらから女性客を選ぶことはできない」ということだ。無料で施術している男性の中には、希望女性に対して年齢を聞いたり顔写真を遅らせたりして「選考」している人も多いらしいが、当方は「プロ」なのでそういうことはしていない。しいていえば、風適法違反にならないように18歳未満の女性だけは絶対にお断りしていることだ。
  初回の女性に会うときは、とても緊張するし、相手も緊張している。自分好みのタイプでない女性もいる。そういう状況でも全力かつ最適な施術をして、結果を出さなくてはならない。
4 技術が高度なので、伝授が容易でない。これは、私の怠慢なのだろうが、教えることは容易ではない。15年以上かけて得たものを簡単には教えられない。
5 この仕事をすれば、たまには女性を好きになったり、女性から好かれたりするし、それが恋愛に発展することもある。だが、世の中は甘くはない。そんなロマンチックな雰囲気にのめり込むことは許されず、体に鞭をうって仕事を続けなければならない。だから、ときには私を好きになった女性客からの激しい嫉妬や執着にあうことがある。女性のこうした感情は理解できるが、避けることができない。

 この仕事をしていると、女性の心、考え方がわかってくるが、私はどこまでも「男」なので、理解はしても、共感・同情まで行かないことがある。
 つくづく、「男と女は、別の生き物」だということを思い知らされることが多い。
 それは、女性の良い面だけではなく、嫌な面も見えてしまうからだ。嫉妬、打算、現実的などなど。若いときには気付かなかった些細な女性の感情の起伏も、年を重ねるとわかるようになってしまう。

 そうこうしているうちに、私の心の中の「防衛機制」が働いてしまう。特定の女性を好きになればなるほど、その分、あとから失望が襲ってくるからだ。失望、失恋、裏切りなどに会いたくないから、女性を愛することをためらう自分がいる。

 数多くの女性に中イキを提供して幸福にして差し上げて、感謝されて、だから女性を好きになるのだけれども、女性を心の底から愛せない自分がいる。

 こういった感情は、この仕事をした男性でないとわからないと思う。これは、ある種の職業病である。

  横浜、大阪で中イキ・膣イキの開発・提供をする創業15年以上の女性向け性感マッサージ:フレオナ
今日は、日本国憲法第1条で日本国の象徴であり日本国民統合の象徴と定められている今上陛下の即位の大礼の日です。一国民として、慶祝奉ります。

私の家の中には、布令和奈(ふれわな)稲荷神社があり、毎日、献饌しお祭りしています。
今日は、いつもの修祓(天津祝詞を奏上し、おはらい)、日供祭(稲荷祝詞を奏上)に加えて、皇大神宮(伊勢神宮)大麻に対して、神風(かむかぜ)の伊勢国折鈴(さくすず)五十鈴原の底津石根(そこついわね)に大宮柱太敷立てる伊勢内宮の神前祝詞を奏上し、天津日嗣(あまつひつぎ)しろしめす皇命(すめらみこと)の大御代を常盤(ときわ)に堅盤(かきわ)に護り奉給い青人草をも恵み幸え給える廣く厚き御恩頼(みめぐみ)に報い奉りました。

  横浜、大阪で中イキ・膣イキの開発・提供をする女性向け性感マッサージ:フレオナ
ラグビーワールドカップ2019 日本代表の戦いが10月21日(日)に終わりました。

私は、いわゆる「にわかファン」ですが、若いころ、体育の授業でラグビーがあり、フォワードのフッカーをさせられました。
スクラムを組んだらスクラムがつぶれて、前頭部を思いきり地面に打ちました。フッカーは両手を左右の仲間の背中にかけているから、手で顔面を守れない恐ろしいポジションなんですね。サッカーは、全選手が一斉に全力で走る場面はそう多くありませんが、ラグビーは多くてとても疲れたのを覚えています。

中学、高校、大学と運動部・体育会だったし、球技も格闘技もしました。

今回のワールドカップでの日本代表の戦いに感動したのは私だけではないし、今更何かをコメントしてもありきたりなのでしょうが、2つだけ書きます。

まず、キャプテンのリーチマイケルが凄いなと思いました。常に笑顔です。キャプテンとしての責任感のなせる業でしょう。他の選手が喜怒哀楽を出してもリーチだけは違いました。そんな彼も、昨日のチーム解散式では泣いたようです。

2つ目は、素晴らしいチームの戦いが終わり解散してしまったことが悲しいということです。
南ア戦で負けて準決勝に進めなくなったことはとても悔しいことですが、それよりも今のチームの活躍をもう見られなくなることの寂しさの方が大きかったです。

私は、前述のとおり運動部だったので、中3、高3、大4のときに最上級生の「引退」というのがあったのですが、それがとても悲しいわけです。南ア戦で敗色濃厚でそれでも頑張る彼らを見て、「ああもうすぐ終わり、解散なんだな」と思ったのです。今回の試合を最後に本当に引退する選手もいるので、尚更です。

試合中、お客さんの女性からラグビーと関係のないトークが結構来て、「ラグビー観戦中」と返信すると「ラグビーなんか関係ない」というようなトークが来て大変困惑したわけですよ。南ア戦の一つ前のスコットランド戦でも視聴率は50%近くあり、日本人の半分は観戦する国民的イベントを関係ないと言われると、絶句ですね。私にも、最低限のプライバシーはありますし。

ラグビーに話を戻すと、ベスト8入りというのは驚愕の成果ですね。サッカーではまだ達成していません。競技人口が違うとはいえ、まだプロ化していない日本が、プロがいるティア1のチームと互角に戦ったのですから、彼らが口々に「すべてを犠牲にしてきた」という言葉はよく理解できます。

ただ、私は業種は全く違いますがプロなのでわかりますが、プロになったら「成果を出すのが当たり前で、そのための努力をするのも当たり前」で「すべてを犠牲にしてきた」なんてことは言えなくなります。ともかく「結果ありき」です。

一方、商業主義が蔓延するプロサッカーと比べると、ファウルやシミュレーションが少なく、審判に対する抗議もなく、とても清々しいスポーツですね。武士道に代表されるように清く潔いことを重んじる気風の日本人には、サッカーよりもラグビーの方が適しているのかもしれません。

おわりに、日本代表チームには、ベスト8入りおめでとう、いままで大変お疲れさまでした、感動と勇気を与えてくれてありがとうと心からお礼を申し上げます。

  横浜、大阪で中イキ・膣イキの開発・提供をする女性向け性感マッサージ:フレオナ