FC2ブログ
人の性生活の活発度などの特色は、血液型と直結している。ドイツの研究チームがそのような見解を示した。

チームは3000人以上に調査を行い、上記の仮説が正しいかを調べた。O型は性分野において実験への高い興味と熱気を決定すると判明した。
A型の人々は何よりも、熱い愛人にはなりにくいが、非常に信頼のおける人生の同伴者になる。

B型の人々はロマンチックで感じやすい性向が特徴的。ベットでは結果よりもプロセスに重きを置く。

最後にAB型の人々は完全に心の赴くままに行動するものの、「エクストリーム」と偏りのない伝統的な性行為を好む。

米バーモント大学医学部の研究チームによると、血液型がAB型の人は認知症を発症するリスクが高い。

ソース: https://jp.sputniknews.com/science/201703183446292/
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

googirlの記事から

記事に書かれている内容には概ね同意できる。
真に男性を愛してくれている女性は、相手の男性に敬意を払い、相手の男性のしたいようにさせてくれる。言い換えれば、「手の平で上で転がしている」のであろうが。
そうでない女性は、拘束・束縛したがる。

*****以下引用記事*****
なぜか毎回モテる男性ばかり好きになってしまう、今付き合っている彼が異常にモテる。そんな、モテる男性と付き合う女性は、何かと気を揉むことが多かったり、ふとした瞬間に不安になってしまったりすることもあるのではないでしょうか。
今回は、今までいろんな女性と遊ぶことが多かったけれど、今の彼女と付き合うことでたった1人の女性を大切にしていこうと思うようになったという男性達に、そうなったきっかけについて、彼女達とのエピソードを聞いてきました。

ふとした瞬間に出た「本音」に打たれた

「僕の男友達も含めて彼女と遊んだことがあったんですけど、彼女は煙草が苦手なので、僕は煙草を吸いに少しの間席を外していたんですよね。そしたら、彼女が『会える時間がほんとに少ないのに、こうやって会えた時まで煙草が理由で席を外されるのが悲しい』とやや涙目で友達に打ち明けていたらしくて。普段はまったくそういうこと言わないタイプの子だったので驚きましたけど、それを聞いてからは『コイツの事はもっと大切にしてやんなきゃな』と思い、見方が変わりましたね。一緒にいる時間をそれだけ大事にしてくれているんだっていうのは素直に嬉しかったですよ。煙草もそれ以来やめています」(建設業/32歳)

自分のことを「本当によく分かっているな」と感じた

「僕は考えていることが顔に出ないタイプだと言われるんですが、今の彼女は自分がなんとなく凹んでいるとき、特に何も言わなくても分かってくれるところがあって。仕事のことでいらいらして帰ってきた時も結局気づかれてしまうんですが、『なんで機嫌悪いの?』っていう単刀直入な聞き方ではなくて、それを察した質問や話し方をしてくれるので、そういう時は自分のことを本当にわかってるなと思うし、この子しかいないなと思いますね。僕らは半年後に結婚予定です」(コンサル業/29歳)

「やりたいこと」や「夢」を尊重してくれた

「僕は結構突拍子もないことを考えついて実行に移してしまうタイプなので、そういう面も引かずに受け止めてくれる彼女の姿勢に『この子なら』と思いましたね。彼女自身も自分がやりたいことをやりきっている人間なので、何かに挑戦することに対して、いつも前向きな意見を言ってくれるんですよ。今まで付き合った女性は反対したり心配する声の方が強かった子が多かったので、こういう女性はなかなかいないなと。彼女と付き合うまでは浮気したりした経験もありますけど、今はほかの子に特に興味を持つこともないし、彼女一筋ですね」(IT企業経営者/28歳)

モテ男たちが“たった1人”の女性を大切にしていこうと決意したエピソードはいかがでしたか? 男性たちいわく、モテる、たくさんの女性と遊んできた、浮気性だったという男性の場合でも、本当の意味で大切にしたいと思う異性ができた場合には、ほかの女性への見方は大きく変化するとのことでした。1人1人の男性の意見、ぜひ参考にしてみてください。
マスターです。

エステに良く通う女性は多い。他にもエアロビやダンス等のレッスンを受けている女性も多いであろう。
そうしたことの経費は安くない。
エステは、体の外面からトリートメントして、皮膚等の外面を整える。

一方、中イキはというと、女性の心を満たし自信にあふれさせる、快感物質によって若返る、肌がピチピチするといったことがある。概して、内面から女性を磨いてくれる。

そうこう考えると、エステは外面、中イキは内面から女性を整える。
(実は、数年前に九州で「中イキがあれば化粧は不要」「中イキが美容の秘訣」という40歳美女がいた。)

中イキにはフレオナが最短ルートとなるのであるが、フレオナの料金はエステよろもおそらく安い。

私は、なぜ女性が高額なエステで、一時的な外面的美容を一生懸命求めるのに、内面的で持続力の高い中イキをフレオナで得ようとしないのか極めて疑問に思う。
(単に、フレオナが商売下手・宣伝下手で、フレオナを知らない女性が多いのだろうが。。。。笑)

実際、フレオナで中イキを知って、周囲から「きれいになった」を言われる女性は多い。それだけでなく、女としての自信をもたらしてくれるから、表情や生活スタイルまで変えてしまう。フェロモンも出て、男性を惹きつける。いいことずくめなのだが。。。
マスターです。新年早々の記事を書きます。

さて、中イキは、女性の最大の転機であると思う。
性に関する一大転機は、初体験・処女喪失・破瓜(はか)というのが一般的だと思うが、実際に中イキを達成した女性に聞くと、始めて中イキした時の方が大きい転機だったという。
処女喪失は、大人の女への成長・脱皮を意味するが、実は膣オーガズム=中イキを獲得してこそ「真の大人の女」になったといえる。
また、中イキは、生物としての、また、性としての「女としての自信」を与え、女性の生活を喜びに満ちたものにしてくれる。当然、セックスのことが好きになるから、男性のことも概して好きになる。
(世の中には、性に厳しい、セクハラに厳しい女性がいるが、おそらく彼女らは中イキを知らないのではなかろうか?)

大金持ちできれいな洋服、端麗な容姿、豊かな物質生活を送る女性と、庶民的ながら中イキを定期的に経験している女性のどちらが女性として素晴らしい生活を送っているか?難しい問題である。私は後者だと思う。
女性は、愛されないと生きていけない生物、男性から愛されて輝く生き物である。
中イキがなくても男性から愛されることはできるが、中イキがあるとない時以上に男性からの愛を感じる。
つまり、女性として輝くのだ。

一般に、女性が太陽と言われているが、考えようによっては、中イキを提供する男性こそが太陽なのかもしれない。

フレオナで中イキを得て、人生が大きく変わったという女性は多い。
既婚者は、夫との夫婦生活が極めて円満になったという。
本当にイケるようになると、挿入された瞬間にいきそうになる。
実際、挿入しなくてもイク女性を私は数多く見てきている。
ぜひ、フレオナでそのように成長してもらいたいと思う。

女性用セックス相談・関西京都大阪神戸フレオナ
ヤフーニュースから

マスターです。
そうですかぁ。僕もまだ結婚のチャンスあるかなぁ。ってか、まだ彼女すらいないのに。。。

====以下引用記事====
近年、20代女性とアラフォー男性の“年の差婚”“年の差恋愛”が増えている。

結婚相談所・株式会社アルパが行なった「結婚に関するアンケート」によると、10年前は全体の15%にすぎなかった「11歳以上差」の結婚が、現在はなんと46%! 実に、3倍も増加しているのだ。

同社代表の小山礼子氏にその理由を聞いてみた。

「理由のひとつとして“20代男子の草食化”があります。好奇心が弱く遊び方もおとなしい20代男子に比べ、アラフォー男性は女性を楽しませる術に長(た)けていますから。女性を褒(ほ)める、デート代は男性が多めに支払うという40代男性からすれば当たり前の行為も、今の20代男子には抵抗があるというアンケート結果も出ています」

しかし、10歳以上も歳の差があれば、価値観のすれ違いなども起こるのでは?

「ラブラブ期間でいえば、年の差があるほうがむしろ長いようですよ。同世代婚では、女性が年を取ると旦那さんはすぐに『オバサン』として扱うようになる一方で、年の差婚では、多少女性が年を取ったとしても旦那さんからすれば『かわいい女のコ』のままですから、いつまでもラブラブな例が多いんです」

ただ、こうした“年上好き女子”は、「結局のところ、お金目当てじゃないの?」という疑念が湧き上がるのも事実。

それに反論するのは、『【年の差婚】の正体』(扶桑社)の著者で『ホンマでっか!? TV』にも出演する、マーケティングライターの牛窪恵氏だ。

「年の差男性を恋愛相手に選ぶ女性のほとんどは、実はお金目当てでなく“包容力”と“自己成長”を求めています。自分より人生経験のある男性に甘えたいという欲求と、生き方や考え方を教えてもらい、自分を高めたいという向上心を持った女性なんです」

そんな“年上好き女子”をどうやって見分ければいいのか?

「年の離れた男性と結婚した女性を多く取材してきた経験から、“ファザコン”的な女性が圧倒的に多いということが言えます。“デート”と称して父親と買い物や食事に出かけるような女性。もしくは逆に、もっと父親に甘えたかったのになんらかの事情で甘えられずに育った女性。どちらにせよ、父親への思いが強い女性に年上好きが多いようです」(牛窪氏)

すでに結婚をあきらめているアラフォー男性、または将来に不安を抱えるアラサー男性のみなさん。カワいい20代女性をお嫁さんにもらうチャンスは、まだまだ大いにあるみたいですよ!

(取材/黄 孟志)
ニコニコニュースから


マスター: まさか!の結果です。揉んで差し上げましょう(笑)

====以下引用記事====
おっぱい星人という言葉を耳にするように、世の男性たちを虜にする“おっぱい”。

大きさかカタチかは好みの問題がありますが、いずれにせよ、男性の視線を意識せずとも垂れたくないとおもうのが、女心ですよね。

過去に『Menjoy!』では、「なんと“ノーブラのほうが胸が垂れない”という研究結果が判明!」という記事なども紹介してきましたが、最新の研究によれば、女性の胸はカラダの他の部分よりも早く年をとるということがあきらかになりました。

これが本当だとすると、お肌の手入れ以上に、おっぱいの手入れも大事になってきますよね。

一体どういうことか、紹介します。

■おっぱいは実年齢より早く年をとる

この事実をあきらかにしたのは、カリフォルニア大学の研究チームです。

研究チームは、DNAを利用して細胞の年齢を正確に測定する技術を開発しました。実験では0歳から101歳までの被験者から、それぞれ51種類の組織を抽出し、測定がおこなわれました。

そして、女性被験者の組織のサンプルを測定したところ、おっぱいの年齢が実年齢よりも2歳から3歳早く年をとっていることがあきらかになったんです。

反対に、男女関係なく心臓の組織は実年齢よりも9歳ほど若いということもわかりました。

おっぱいの年齢が実年齢よりも2歳から3歳早く年をとっている理由として、研究チームによれば、女性のおっぱいは頻繁にホルモンにさらされているため老化が早く、心臓は幹細胞によって再生されているため若くたもたれているからなんだそう。

細胞レベルでといわれてしまうと、あまりピンときませんが、実際におっぱいの老化は今この瞬間も進んでいるのです。一刻も早く、ケアをしたほうがいいかもしれませんよ。


【参考】

※ DNA methylation age of human tissues and cell types – Steve Horvath

(著:平松隆円)
ヤフーニュースから

若い女性の約2割は処女だそうです。男女共に草食化しているので、性欲がある若い女性も適切な男性パートナーに出会えず、なかなか満足できないのでしょうか?一生しなくても平気という若い女性がいるみたいですが、その考えが40歳、50歳になっても続くとは思えません。若い人は、「まだ先がある」、「したいと思えば相手が見つかる」、「まだチャンスはある」と甘くみていると思えてなりません。

====以下引用記事====
 性体験、早い人は早く、遅い人は遅いという時代になったと言われています。というのは男女共に急速に“草食化”しているから。お互いにアプローチしないまま、SEX未経験でアラサー・アラフォーになってしまう人も多数。
『with』12月号「恋愛体験は多いほど幸せになれるの?なれないの?」では、22~32人女性100人のアンケートから、現代女性の恋愛について分析しています。

●22~32歳の女性22%が、性交渉を未経験
 初めてSEXした年齢は、18~21歳の間。相手は、同じ学校の人や会社の人が多いですが、SNSで知り合った人も多数いるのがイマドキ。
この調査で気になるのは、22%の女性が未経験ということ。経験がない人はどうしているのでしょうか?    
そこで、実際に、30代まで性体験がない人にインタビューしたところ、「興味があるけれど、特にしたいとも思わない。積極的に男性からアプローチされないし、恋愛経験が多ければ幸せになるとも限らないし……それに、傷つくのだったら、一生しなくてOK。それにちょっと(男性に)引かれてしまうのが怖い」(公務員・32歳)
「好みの男性に誘われたことがなく、なんとなくこの年齢になりましたが、自分からアプローチするなら現状のままで充分幸せ」(広告代理店勤務・30歳)

肉食時代と言われていましたが、女性は男性に主導権をゆだねたい部分があることが伝わります。実際に男性に話を聞くと、セクシー系の見た目なのにベッドでは受け身に徹する人がいた、という経験を持つ人も多数。
女性にとって、プライベートで繊細なことだけに、??自分がどうしたいのか??を、考えたり友達と話し合ったりしている人は少数派なのかもしれません。
 初体験の有無と年齢について、より一般的なデータを調べたところ、2013年1月にコンドームメーカーのサガミゴム工業が「ニッポンのセックス」という約4万人に調査したデータを発見。そこによると、20代女性の約4人に1人が、30代女性の約20人に1人がバージンという結論に。ちなみに男性は、20代だと40%、30代だと10%が未経験です。

●未経験がいる一方、女性の53.3%が「男性を誘う」という結果も

 “攻め”か“受け身”かが、二極化していることも、『with』の調査からわかります。53.3%の女子が、自分から積極的にべたべたしたり、甘えたりキスしたりして男性を誘っているというデータが。
 ほかにも、実際に言葉に出して誘うという人も多数。女性から積極的に行動されると断る男性がほぼいないという声も。

 とはいえ、自分のSEXに自信がない人は、36.6%。経験が少ないことや、プロポーションに自信がないことが、その理由です。この特集では男性にもアンケートをしているのですが、「一緒にいるとリラックスできて、ちょっと甘えさせてくれることがいいSEX」という意見が多く、現実的な体型やテクニックはあまり問題になっていないこともわかります。

  恋愛と性体験、いずれも女性の心身に深くかかわってくること。SEXについてのリアルなデータ、幸せになる考え方、生き方を他にも本誌でたっぷり紹介しているので参考になるはずです。