FC2ブログ
マスターです。
フレオナには、中イキできずにご相談に来られる女性がたくさんおられます。
中イキは、クリトリスでいく外イキよりもはるかに気持ちのいいものである。
しかし、この単発の中イキは先日のブログで書いた通り、終着点ではなく通過点である。
単発中イキより気持ちいいものとして、かなり昔に書いた不動オーガズム、連続中イキ(連ナカ)があり、さらに気持ちのいいものとして、中クルまたの名をスーパー中イキがある。
中クルとは、巨大なオーガズムの波が襲って来るので、イクのではなく、来るとして、中イキと区別するために私が名付けたもので、従来は単に「来る」と呼んでいたが、更に中イキとの系統的な類別のために中クルと名付けたのである。中逝きとの対称ならば、中来(なかき)が文法上の正解だろうが、発音のしやすさを考慮して中クルとした。
中クルは、連続中イキできる女性でないと得られない。
中イキできるだけで満足せず、更に気持ちよく女性にやさしい中クルを体験してもらいたい。中イキは確実に女性の心身を良い方向に改善するが、中クルはこれより遥かに良い。術後の持続時間も一週間を越えることがある。初めて中クルを体験した女性は、放心状態となってしばらく立ち上がれないほどである。これほどのものとなると、提供できる男性は相当に少ないであろう。また、連続中イキしながらのものになるので、当然体位の変更は最小限となり、男性の動きもまた極小となる。

見た目は女性だけが絶叫、昇天し続ける感じとなり、男性はほとんど動いてないように見えるので、仙人が真空逝きさせているような感じとなる。

まさに、真のセックス、真のオーガズムそして、真の男女の愛の形となる。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

マスターです。
フレオナには、中イキできないからできるようになりたいといったお悩みと目標を持つ女性が多く来られる。これはこれで、一般人にとって大変ハードルの高い、険しい目標である。
だが、中イキは、単なる通過点でしかない。
中イキの先には更なる快感の世界がある。これを知る者は少なかろう。
私は、これをスーパーオーガズム、スーパー中イキ又は中クルと呼んでいる。
単なる連続中イキでさない。それよりも高く激しい快感である。
私は中イキできる女性に、この中クルを享受しているので、中イキできる女性もできない女性もフレオナの門を叩いてほしい。
マスターです。
フレオナに来られる女性の多くは、中イキできないから中イキできるようにたりたいという目的で来られる。これ自体は、至極妥当。
だが、ほとんどの女性は、無知であるがゆえに、単発の中イキで満足してしまい、その先にある連続中イキの追求心に乏しいように思う。
実は、連続中イキこそが女性ならではの強烈かつ長時間の快感であって、これを知らずに単発の中イキで満足してしまっては、女に生まれた意義が半減してしまっているといっても過言ではあるまい。
連続中イキは、提供している私が見ていても、見慣れている私が見てもうらやましく思える、とても幸せで無上、至高の時間。こんな快感、快楽を1〜数時間楽しめることなんて、違法薬物以外ではこれしかないと思える。エステよりも長く強く体に良くて、他の何よりも気持ちのいい、しかも副作用がない、この連続中イキをぜひ知ってほしい。

連続中イキを提供できる男性は少ないと思う。なぜならば、中イキ開発する方法すら世の中にはほとんど情報が出回っていないのに、連続中イキとなるとその言葉すらほとんど流通していないからだ。世の中に出回っている体位や挿入法の大半は男性本位で、連続中イキには適していない。

既に単発の中イキができる女性も含めて、すべての女性に連続中イキを体験してほしいと思う今日この頃
マスターです。

中イキできる女性でもなかなかできないことがあると思っている。それは、
連続オーガズムや無動オーガズムである。
なぜならば、AVでもそのような動画がないからだ。アニメでもない。
連続オーガズムの音声(もちろん女性の許可を得て録音)を他の女性に聴いてもらったことがある。皆一様に驚く。延々と1時間連続又は波状で逝っているからだ。本当に逝かせた人はわかると思うが、女性は逝くときには声が出ないか低いうめき声になるから静かになる。その前後に絶叫があるのである。

連続だから、そんなに体位は変えない。体位を色々変えて楽しんでいるのは男性が視覚で楽しみたいからだ。
女性にはバックが好きなど体位を指定する人もいるが、それは本当の「正常位での連続中イキ」を知らないからだ。

中イキできる女性は世の中に約2割いるが、彼女たちが連続中イキできているかと思うとはなはだ疑わしい。
まず、男性には相応の体力と技術が必要である。
若い男性は体力があるが、往々にして敏感で早漏である。老いた男性はその逆。

だが、体力をそんなに消費しなくても女性を逝かせ続ける方法はある。

うそだと思う女性は、一度体験してみたらいいと思います。
マスターです。

今夜は少し暇なので、思いつくままブログを書いています。

今までお会いしてきた女性の多くは、私が施術すると中イキできるようになった。おそらく、私は一般男性よりも女性を中イキさせる技術はあるのだろう。日本の男性は草食化してきたというが、だからといって日本の男性だけが下手で、日本の女性だけが中イキできないわけではない。実は欧米でも日本でも女性が中イキできる比率は約2割で変わりない。つまり、人種を問わず一般女性は生まれつき中イキできる人は約2割しかいないということ。

また、顧客女性には、いわゆる「名器」の人が多い。なぜならば、女性がイク前に男性が皆すぐに果ててしまうからだ。だから、そういう名器の女性を逝かせるのも私の仕事となっている。絶対にイカせる女性と絶対にイカない煌ゆうとの戦いである。

こうやって見ていると、
★A 中でイケない女性は、「中でイケない女性を中でイケるようにすることができる」男性と出会う必要がある。
そういう出会いがないと一生中イキできないままである。

で、中イキできるようになると、今度は
★B 中イキできる女性は、「中イキできる女性を、何度も何度も長時間イカせ続けられる男性」が必要になる。
そういう出会いがないと、女性は欲求不満になる。

実は、前者のタイプの男性と後者のタイプの男性に求められる能力は違う。教師と競技選手の違いに似ている。
後者のタイプの典型がAV男優である。大きいモノを使って女性を逝かせるのだが、これは相手のAV女優が「もともと中でイケる女性」でなくては意味がない。だから、多くのAVでは女優は逝っていない。これをゴマ化すために、中イキとは違う「潮吹き」をさせている。

フレオナは、とかく★Aだと思われがちだが、実は★Aも★Bも兼ねている。
★Bの技術はこれもまた奥が深い。が、極めれば、まるで仙人のように、「ほとんど動かずに女性を逝かせ続ける」ことができるようになる。

だから、中イキできる女性も一度★Bを体験してみたらいいと思う。
マスターです。

女性、特に若い女性は中イキを舐めているところがある。時間的余裕が十分にあるからか、そのうち中イキできるようになるとたかをくくっているところがある。(中には、危機感を持って来られる若い女性がいる。そういう女性は世の中のことがよくわかっていらっしゃる。)

また、一般女性でも、男性にお金を払ってまでそんなことをするかというプライドのようなものもあるようだ。プライドを持つことは良いことだが、それも使いようである。

そして、1回中イキできるようになると、まるでいつでもどこでも誰とでも中イキできるようになったと勘違いする女性もいる。

これもまた困ったものである。
マスターです。今日は一日フリーでたくさん睡眠して休養できたので、保存版記事です。

女性の多くが、統計上は約8割、中でイケない。
なぜか?

いろいろあるけれども、いくつかの原因を挙げると

1 女性のオナニーのやり方
 ・ 足を延ばさないとイケないのはNG。なぜならば、セックスで足を延ばすことはあまりないから。
 ・ クリを布団にこすりつける等の極端に弱い刺激でするのはNG。オーガズムも浅くなる。

2 中イキと外(クリ)イキでは、感覚が違う。
  多くの女性は、外イキと同じような快感がないから中イキできないと勘違いしている。だが、もともと名前はオーガズムでも別物である。外イキの感覚を求めてはいけない。中イキは、もっと優しく、だが長いものである。中イキは1時間位は普通にできる。

3 男女の差
 ・ 性交の長さ。挿入してから女性がイクには約18分必要で、男性は7分必要である。もし男性が7分でフィニッシュして抜いてしまったら女性はイケないままである。
 ・ 男性の動き。男性は往復直線運動が好きである。男性が気持ちいからである。だが、男性が気持ちよければ女性が気持ちいいとは限らない。女性の55%は演技していることに着目すべきである。女性が中イキするための動きは、違う。私のLコースでは多用している。

4 中イキするために必要なこと
 ・ 1~3で書いたことをクリアしても、それだけでは中イキできないことがある。さらに必要なことを数点書くが、これらとてすべてではない。
 ・ 心を開放する。セックスパートナーを信頼する心が必要。SMとレイプの違いはここにある。
 ・ 女性がイクときに少し体を使うと逝きやすくなる。私のLコースでは教えている。