FC2ブログ
ASAJO「40%の妻が不貞!?その出会いの場所はやっぱり……!」から

マスターです。私の経験上、男性の不貞は、ばらまく性ゆえか理由もなく他の女性に気が行くことも多いが、女性の不貞は男性に原因があることが多い。男性の不貞、男性の愛情不足など。それが40%にもなるのだから、男性側の問題が多いのだろうか。それとも女性が男性化しているのだろうか。

昔と違い、スマホ・ネットの普及で、性に関する情報は男性だけのものではなくなった。女性も男性と同等の質・量の情報を入手できるようになった。セックスは、実は気持ちがいいもの、子作りのためだけではないことなどを女性が知るようになってきた。

これもまた一因かもしれない。セックスの下手な男性は、女性から見限られる時代になるのかもしれない。


以下、引用記事

不貞というとドラマの中の出来事のように思えますが、実は2~4割もの夫婦でリアルに行われているようなんです。

 20~30代の女性向け総合恋愛情報サイト『愛カツ(あいかつ)』を運営するTOBE社が、恋愛結婚学研究所と共同で実施した、愛カツ読者の2019年の恋愛行動を振り返る調査によれば、1056人中のうち既婚者は305人(28.9%)で、そのうち、不倫を始めた人が124人(40.7%)にも上っていました。これは驚きの結果です。

 また、少し古い調査になりますが、総合探偵社のMRが2012年に既婚女性400名を対象に、「浮気・不倫の動向」に関するアンケート調査を実施したところ、就労中の主婦200名のうち、「浮気・不倫経験あり」と答えた人が約2割を超えたとそうです。

「浮気・不倫相手との出会いの場所は?」という問いに対しては、1位が「職場や研修先、バイト先など」が74人中50人と、とても多い結果になっていました。職場で出会いがあると、不倫に走りやすいようですね。

 意外に多い、既婚者の不倫。想像すると、なかなか恐ろしいものですね。さて、あなたの周りはいかがでしょうか。
スポンサーサイト
[PR]

エッチ大好きな女性が教える「セフレの作り方」だそうだ。
家が近い方がいいそうだが、発覚率も上がりそうな気がするな。

****記事本文****
彼氏を作る場合の絶対条件は、顔や性格や収入と基準は人それぞれかと思いますが、セフレを作る場合、「家が近いこと」というのが超・重要なポイントになります。

 なぜ「家が近いこと」が重要なのかと申しますと、セフレ同士では"前もっての約束"というのがないからです。通常のカップルでしたら「一週間後の土曜日、ドライブに行こう」というのはごくありきたりの約束ですが、セフレ関係において「一週間後の土曜日、エッチしよう」という約束が交わされることはほとんどありません。性欲というのは、オトコもオンナもいつ沸き上がるか分からないもの。それを事前に約束し、いざ当日、そういう気分にならなかったら相手に失礼ですものね。親しき仲にも礼儀あり、セフレ同士にも礼儀ありです。

 また、性欲問題とは別に、セフレは"お互いナンバーワンの存在ではない"という理由もあります。一週間前に約束しておいても、本命との約束が入ってしまった場合は、確実に後者のほうの予定を優先するのがセフレ関係というものです。

 ですので、前もっての約束よりも、お互いに性欲が沸いた時に、気軽に会える環境が大切なのです。深夜の23時に性欲が沸いた時、自分は千葉で相手は横浜......という距離間ですと、電車の時間を考えると、その日のうちのエッチはほぼ不可能。ですので、理想的な距離間は、万が一でも徒歩、もしくはタクシーのワンメーターで行き来できるくらいの距離がベストでしょう。余談ですが、私の地元の盛岡のように終電の時間も早くて、本数も少ないという地方にお住まいの皆さんは、自家用車が生活に密着しておりますので、駐車場さえ確保出来ればある程度の距離があってもセフレ関係は可能かもしれません。

 さて、ここらがいよいよ実践です。いざ、ご近所さんにセフレを作るにはどうしたらいいのか。私は「自宅近くの、チェーン店ではない飲み屋さん」に行くことをオススメします。チェーン店よりも地域密着型の飲み屋さんのほうが、ご近所さんと出会える確率は明らかに高いです。私も以前、近所に住む女友達と二人で、近所の居酒屋さんで飲んでいたところ、たまたま隣りのテーブルに座った殿方二人組が、私たち同様すぐ近くに住んでいて、そのうちの一人(コウスケ)とセフレ関係になったことがありました。

 そのセフレとは、まさに目と鼻の先というくらい近所に住んでいて、私と彼のアパートの間には、超高級マンションが建っていました。私たちはよく、どちらかの部屋でエッチをしながら「あのマンションすごいよね」という世間話をしていたのです。ある時、また別の女友達と近所の小さなダーツバーに遊びに行ったところ、なんとその高級マンションの住人という男性と知り合いになりました。高級マンションに初めて連れていってもらった時は大興奮でしたね。窓から見える、コウスケのアパートが見えた時は、思わず「コウスケー、私はここよー」と手を振りたいくらいの衝動に駆られました(笑)。

 こうして、近所の飲み屋さん作戦で、目と鼻の先にセフレが二名も出来た私ですが、近隣のセフレ関係というのは、実はエッチ前だけでなく、エッチ後にもメリットがあるんです。それは"エッチの後、一人で寝ることができる"という点。シングルサイズのお布団やベッドで二人で寝るのって、疲れが増すことも。セフレがご近所さんの場合は、終わったあとはさっさと帰って自分の家でゆっくりシャワーを浴びてぐっすり眠る、という自分の生活リズムが守れます。相手が自分の家に来た時も、同様にすぐお帰り頂くのがヤリマンスタイルです。

 もちろん、良いことばかりではありません。近くの商店街で、カノジョと買い物するセフレとばったり会ってしまい、多少気まずいこともありますが、それでも私と彼との関係はあくまでもセフレ同士。お互い、他人のふりをするというマナーが守れる女性なら、きっとご近所さんにセフレを作る意義があるかと思いますよ。

★~今月の格言~
近所の飲み屋でセフレをゲットし、鉄同様、性欲は熱いうちに"打つ"べし!


菊池美佳子(きくち・みかこ)
21歳で処女のままキャバ嬢デビューをするものの、試用期間内に本指名をとれず、東武東上線沿線のキャバクラを転々とする。その後、派遣OLを得て、現在は大人のおもちゃ屋さんのコピーライターとして、ヤリマンの名誉をかけて奮闘中。
“浮気の話”を隠す男に話す女、英調査で女性4割は「親しい友人に」。

女性が親友等に不倫していることを明かすのは、おそらく大義名分があるからだ。
女性は何かをするときに、必ず理由を作る。「だって、○○だから。。。」と

一方、男性は大した大義名分もなしに、欲求のままに浮気するから、言い訳は「出来心」とか「酔っていた」とかくらいしか言えない。故意ではないが、過失だといい逃れようとする。後ろめたいから、親友にもなかなか明かせない。
また、男性は会社等で働いていることが多いから、性的スキャンダルが職場での保身に影響する可能性が高い。だから、親友だからといって気を許すことはできない。

女性の方は、「夫が私を愛してくれない」、「夫も浮気をしている」等の理由を用意してからアクションを起こす。つまり、緊急避難的なわけだ。

大義名分があり、建前上は後ろめたさを少なくしているから、友人にも言いやすいし、できれば友人の共感も得たい。主婦であれば、解雇の危険もない。

と勝手に想像してみました。(汗)