FC2ブログ
ミクシィなどでいろんな人の記述を読む。女性なんかでも性体験が豊富でいろいろと言っている。
男性にもいろいろといる。

だが、私から見ると、いずれも「アマチュア」が「趣味」でしていることでしかない。
「プロフェッショナル」が「仕事」でするものとは違う気がした。

まずは、豊富なデータベース。今までお会いしてきた女性客の数は、???である。
それと、プロは結果を求められるから、必然的にいろいろと勉強する。英語サイトも。

次に、職業倫理感。決して、相手女性の私生活に深入りせず、家庭崩壊を招かない。衛生管理も。
そしてなによりも自己の体調管理。いつ女性から依頼の電話が来てもいいように、アルコールや食事をコントロールする。

結果が求められるから、結果を出そうと必死になる。

仕事だから、趣味でないから、「相手を選べない。」
どんな女性に対しても、常に全力勝負である。

そして、体力、気力、知識、愛情
自分は決してイクことなく、女性に連続無限無動オーガズムを提供する。

貴女にそれがわかるかな?君にそれができるかな?

女性用セックス相談「横浜長崎フレオナ」
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2011.01.10 僕の体臭
今までお会いした女性達から、しばしば言われるのが、
「ゆうの体臭は、ほんのりと甘い香りがして心地よい」というものだ。

ある人は「ミルクのような好感を持てる匂い」といい
ある人は「ピーナッツのようなおいしい匂い」という。

テストステロン(男性ホルモン)が多い男性は、女性を引き付けるある種のフェロモンが出ているそうだが、それなのだろうか?
女性相手に、性風俗特殊営業に従事する俺。
下賎な職業と思われているだろう。

だが、「愛を与えながら、自らは愛を得ない職業」でもあるわけで、それはまるでキリスト教の博愛主義のようだ。

女性全体に対する大いなる慈愛と、自らに対する厳しい戒め、仕事のために完全に制御された感情、思考、知性、愛情そして肉体。それが、僕の姿又はあるべき姿なのだろう。

それは、ある意味、至高なのかもしれない。