FC2ブログ
tabilabo記事『恋や、セックスをすると痩せるって本当?』から

マスターの見解
少なくとも、セックスをすれば痩せます。そして、中イキすればもっと痩せます。
マスター提供の連続中イキで、女性は汗びっしょりになり、翌日は筋肉痛になります。
マスター自信も痩せます。(笑)
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

MESSY「ヤリマンは若返る! 週4以上のセックスで、見た目年齢マイナス10歳も夢じゃない」から

最近、マスターの私も若いと言われることが多くなりました。


=======以下引用記事======

 趣味でハプニング・バー通いをしていたときによく感じたのが、毎週やってくる常連の女性たちが、総じてなんだかやたらと若い、ということ。

 中でも印象深かったのが、遠野なぎこ似の美女(45歳)の逸話。彼女が中学の同窓会に参加したところ、会場になっている店の店員さんに、

「あの……会場、間違ってると思いますよ? 今日集まってるのは、オジサンとオバサンだけ。おねえさん、どう見ても20代後半ですよね?」

と言われたそう。もちろん会場は合っていて、なぎこ似の美女は、かつてクラスメイトだったオジサン、オバサンたちと、旧交を温めたといいます。きっとオバサンたちには、羨望半分、やっかみ半分のまなざしで見つめられたことでしょう。

 彼女がなぜ異様なまでの若さを保っていられるかというと、やっぱり、ハプ・バーに通って、人前でセックスを見せるのが大好きな変態だからではないか、と思うのです。

 スコットランドのロイヤルエジンバラ病院の調査によると、1週間に4回セックスをする女性は、実年齢よりかなり若く見えることが判明したそうです。同病院の元代表である心理学者・デヴィット・ウィーク医師らが、20~104歳(!)までのアメリカ人夫婦1750組を10年間調査したところ、週のセックス回数が平均4回の夫婦は、そうでない夫婦に比べて、見た目が7~12歳若く見えたのだとか。

 理由は、セックスをすると、体内でビタミンDや女性ホルモンの一種、エストロゲンの生成が促進されるせいではないか、とのこと。ビタミンDには肌の細胞を作る働きがあり、エストロゲンには肌のハリや髪のツヤを保つ効果があると言われています。そうしたものが影響するため、セックスをたくさんするカップルは、総じて若〜く見えるようです。

 ただし、同医師によると、複数の相手とのセックスはストレスの原因となることもあり、老化を早める危険性があるそう。特定の、愛する相手とのセックスにアンチエイジング効果がある――ということですが、どうかなぁ。個人的には、ハプ・バーで、いろんな男性と交わっていた女性も、ものすごく若いと思ったけど。特定のパートナーとのHを人に見せるのが好きな、前出のなぎこ似の美女とか。

 というわけで、アンチエイジングのために、個人的には頻繁なセックス、た・だ・し、きちんとコンドームを使用したセーフセックスをオススメします!

(文=きづき桃)
充実したセックスライフがもたらす驚くべき8つの健康増進効果から

今更ながらの効能といった感じだが、たしかに、私もいろいろな人から「若い」と言われる。私の施術によって中イキを取得した女性も、多くがナンパされたり、職場で男性が群がったりという喜び体験を持つ。

女性の美容と健康に最もいいものはオーガズム(中イキ)だと私は思っています。


====記事本文====
週に3回以上セックスをしているカップルは実年齢よりも平均10歳若くみえるという研究結果も報告されているほど、充実したセックスライフの美容効果は偉大。セックスをするときれいになるとよく言われますが、実は充実したセックスライフは健康増進にも驚くべき効果があるのです!
今日はセックスライフがもたらす8つの健康増進効果を紹介します。

1.肌を美しく保つ
血液循環を促進されることで体内の毒素が排出されます。またセックスはコラーゲン産生を刺激し、肌の状態を改善します。

2.免疫力を高める
週に1~2回セックスをすることで体内の免疫グロブリンAが増加し、風邪のウィルスが粘膜に侵入するのを防いでくれます。

3.美しい髪質を手に入れる
ホルモン分泌や代謝の促進によって髪質が改善され、健康的なセックスライフは髪の毛や爪を艶やかにしてくれま
す。

4.ストレスを解消する
セックスの最中は血圧が急上昇しますが、健康的なセックスライフの維持は血圧を低下させストレスレベルを引き下げてくれます。

5.痛みを緩和する
セックス中に体内に分泌されるオキシトシンは脳内麻薬と呼ばれるエンドルフィンを増加させ、その結果痛みが緩和されます。

6.ダイエット効果
セックスアクティビティは毎時平均170カロリーを消費し、定期的なセックスは効果的なダイエットが期待できます。

7.ガンを予防する
週に5回以上射精する20代男性はそうでない男性に比べて、前立腺がんのリスクが3分の1にまで軽減され、月に21回以上射精する中年男性にも同様の効果みられるとの研究結果が報告されています。また、定期的なセックスの維持は乳がんのリスクの軽減にも効果的だと言われています。定期的なセックスは女性の細胞免疫機能を向上にも役立ちます。

8.質のよい睡眠をもたらす
オーガズムの際に分泌されるオキシトシンによって程よいリラックスを感じることができます。セックするにより筋力的な緊張が解かれ、また精神的に満たされることで質のよい睡眠を得ることができます。
人間には平滑筋(スムーズマッスル、内臓筋、不随意筋)がある。これは内臓を動かす筋肉で意図的に随意に動かせない。心臓や食道、胃や腸の動きがそうである。

理学博士 関邦博氏によると、老化はスムーズマッスルの劣化が要因の一つである。

セックスのとき、女性の膣がいろいろと動くがこれもまたスムーズマッスルによるものである。

スムーズマッスルを鍛えれば老化を防げるが、骨格筋と違ってその鍛錬法が見つかっていない。

だが、唯一PVセックス(ベニスを膣に挿入するセックス。性交)をすると、体中のスムーズマッスルの動きが活発になることがわかっており、セックスこそが不老長寿(老化防止)の方法と言える。

世界保健機構(WHO)も、今世紀に入ってから、「健康で豊かな性生活、つまりセクシャルヘルスがヒトの健康を維持する上で最も重要である」と提唱している。
9月3日の古いニュースだが、キャメロン・ディアスが標題のとおりの発言をしたそうだ。外れていないと思うよ。ただし、正確には「お腹いっぱいのSEX」ではなく「お腹いっぱいのオーガズム」だろう。セックス=オーガズムとは限らないのが女性の難しいところ。

*****記事本文*****
キャメロン・ディアスが恋人と同棲する準備を始めたらしい。
 さて、その恋人とは、MLBニューヨーク・ヤンキース、背番号『13』番のアレックス・“Aロッド”・ロドリゲスだ。4月からAロッドと交際を始めたと噂のキャメロン、公の場でもAロッドを恋人だと認めて、一緒にフロリダにある家をデコレーションしようとまで考えているらしい。
 ライフ・アンド・スタイル誌に関係者は、「8月19日に『モランディ』というニューヨークにあるイタリアン・レストランで昼食を取っている際、キャメロンは、Aロッドのことを恋人だと言っていました」「彼のマイアミにある自宅を一緒にキレイにしています。2人の住む家になるかもしれない場所です」
 過去にケイト・ハドソン、マドンナと交際が伝えられていたAロッドと公の場で一緒にいるところをパパラッチされたくないキャメロン、いろいろなニューヨークの一流レストランで個人的なデートを楽しんでいる。関係者は、Aロッドがキャメロンに素晴らしい影響を与えているらしく、キャメロン自身も今までで一番ハッピーな恋に燃えているらしい。

 以前キャメロンは、自分の若々しい外見は、『盛りだくさんのセックス』でキープされていると語っている。
 「25歳のときみたいな姿にもう一度戻りたいとは思わないの。若さの秘訣は、そうね…きっと、エクササイズ、ヘルシーな食事、たっぷりの水、たくさんの笑い、いっぱいのSEX。そうよ、SEXね。人間として必要不可欠な。ヘルシーでナチュラルなもので、そのために生まれてきたんだもの!」

 これまでにジャスティン・ティンバーレイク、ジョン・メイヤーと交際してきたキャメロン、恋愛については沈黙し続けているが、『人生に恋している』というレトリックを好んで使っている。