FC2ブログ
2019.10.26 縦より横
マスターです。
女性への刺激は、縦よりも横の方が有効なことがあります。
横の動きを唱える人は少ないようですが、相当効きます。

  横浜、大阪で中イキ・膣イキの開発・提供をする女性向け性感マッサージ:フレオナ
スポンサーサイト
[PR]

早漏の人は、短時間のピストン運動で果てててしまい、女性の不興をかう。

動かないと女性は気持ちよくならない、だが動くと男性が先にいってしまう。

ではどうすればいいのだろうか?


それは、ピストン運動しないことである。イキそうな運動はしないに限る。
でも、そんなことをしたら女性は気持ち良くないのでは?

いや、ピストン運動は最善の運動ではない。もっと、効率的な運動がある。
それをすれば、男性はほとんど疲れず、女性だけが大汗を流して逝きまくる。

マスターはそうした運動を多用しているから、加齢しても高品質なセックスをすることができるのです。
2019.10.17 PGM
女性の中イキ開発というと、Pスポット(ポルチオ)やGスポットがメジャーである。
もちろん、これらは良い。だがそれぞれに特徴がある。
Pは、奥にあるのでペニスの長さが必要である。
Gは、手前にあるのでペニスの長さは必要ないが、女性によっては擦れる感覚が強く痛がる場合がある。
PとGの間の中間部分(私は、勝手に「Mスポット」と呼ぶが)は、慣熟した女性でないと感じにくい。

これらを適度に組み合わせれば、PでもGでもMでもイケるようになる。
そうなれば、ペニスが短い男性でもGやMで逝かせられる。
Mでイケるようになれば、PとGの中間なので、ピストン運動で容易にイケるようになる。
Gは、一般に膣口に近く一番穴の狭い部分なので、Gでイケると、男性も気持ちよくなる。

これらの得失をよく理解して組み合わせれば、長時間同じ体位でも楽しめる。
男が気持ちいセックスと女性が気持ちいいセックスは異なる。

男性は、自分が気持ち良ければ女性もまた気持ちいだろうと思いがちである。
だが、実際には違う。
→ 本当に中イキできるようになると、男性がどう動いても女性は逝きまくるのだが。。。

アダルトビデオは、基本的に観ている男性が性的に興奮するようにできている。
つまり、男性にとって気持ちのいい動きをしている。
だが、実際にはこれではなかなか女性はイケない。

このギャップが、いろいろな意味で男女のすれ違いを生んでいる。
Lコースは、時間が長く、1回の間に、何セットものサービスを受けられる。

だが、2回目、3回目のLコースは、1回目とは大きく異なり、とても気持ちが良くなる。

そこで、中イキをつかみ取る女性が多い。
ピストン運動は、必要最小限でいい。

それよりも、Gや横Gを刺激するのがいいし、Pはもっといい。
Pを刺激するための動きは、ピストンとはほぼ真逆である。

Pを極めれば、入れた瞬間に、女性は逝きはじめる。
更に極めれば、入れなくてもイク。

そのくらいになれば、もはや私はじっとしているだけで、女性が勝手に連続中イキを始める。
経験が少ない女性からも、多い女性からも、私のテクニックは、他の男性とはまったく異なっていると言われることが増えた。

夫としたら痛いのに、煌とだと痛くないどころか気持ちいい。
彼としたらイケないのに、煌だと難なく逝ってしまう。