FC2ブログ
マスターです。
倫理上及び民法上の適否は別として、女性の不倫は当分無くならないだろうと思う。

男性の浮気は、単に妻以外の女性としてみたいという、「種をばらまく性」ならではの動機によるものが多いと思うが、女性は夫からの愛に不満を持たなければ基本的には不倫しない。
この場合の夫からの愛とは、夫が誠実に妻子を愛する、勤労して十分な収入を得て与えるなど物心両面のものである。だから、これにはセックスで妻を満足させることも含まれる。
妻の立場に立てばわかることだが、結婚を考えたとき、妻が夫に求めることは、誠実さをはじめとする性格、収入、職業、容姿、家柄、学歴、セックスと多岐にわたるが、結婚後の生活を考えると、性格や収入を優先せざるを得ない。セックスが良いことも必要だが、他よりも優先度が落ち、取り敢えず子が作れればいいやと妥協する。
普通に考えて、全てにおいて完全な男性などほとんどいないし、いてもすごくモテるので、そうした完全なる男は、美女と結婚するか遊びまくるかのどちらかだろう。
ゆえに、世の大半の女性は、夫のセックスに不満を持ったまま結婚することになる。なにせ、成人女性の約2割くらいしかセックスで中イキできないし、中イキできない女性を中イキに導くことができる男性は私を含めてごく少数だから。

そして、結婚、出産、育児を終えた妻たちは、加齢した自分と改善されていないセックスに落胆し不満を高めることになる。

民法上、夫以外の男性と関係を持つ不貞行為は離婚裁判の正当事由の筆頭であるが、夫がセックスレス、ED、あるいはしてもイケナイとなれば、妻はどうすればいいのか?夫を責め立てれば済むのか?

そうこう考えると、かなり昔に紹介したアメリカのポリアモリー(複数恋愛、婚外恋愛)や風俗利用をするか、不倫するしか解決手段はない。

女性の性欲不満をカウンセリングでは治せない。これは、喉が渇いたり腹が減ったりしている人にカウンセリングしても空腹等が解決しないのと同じで、満足できるセックスをするしかないからである。

他方、中イキできない、約8割の女性は、夫以外の男性としたとしても、そうは簡単に中イキできない。

こうして、フレオナと煌ゆうの存在価値は増えこそすれ減りはしないのであろう。

そして、全ての成人女性のセックスに関する不満が無くならない限り、不倫は無くならないと思われるのである。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

マスターです。

ネットニュース「女性が新しく始めたいこと1位は浮気 非カップル文化が原因?」から

最近は女性の不倫が増えているという。
私のもとへは、中イキできない、中イキしたい女性が訪れてくるが、既婚女性のうちのかなりの割合の女性が夫以外の彼氏がいる。「夫とのセックスで中イキしたい」よりも「愛人とのセックスで中イキしたい」という既婚女性の方が多いように感じる。

たかがセックス、されどセックス。結局、中イキできない女性は、中イキさせてくれる男性を求めて婚外交渉に走るのではなかろうか。

もし、すべての女性が生まれつき中イキできる体質だったら、世の中は相当違ったものになっていたにちがいない。
週刊女性PRIMEの記事から

夫婦関係を壊してまで、離婚してまで、他の男性と結ばれたい女性は多くないだろうと思う。
離婚は、経済的ダメージ、育児上のダメージ、世間体などいろいろな点でデメリットが多い。よほど自活力のある女性でないと難しかろう。
だが、だからといって、「女を捨てる」わけにはいかない。女として輝いていたい。それは当然の本能だと思う。
女として輝く。もっとも端的な例は、男性から愛される、男性とセックスしてオーガズムに達することだ。
よく、「愛さえあればいい」とか、「癒されればいい」とかいう女性がいるが、それは「真のオーガズムを知らない」からにほかならないと思う。中イキ・膣イキを知っている女性はそんなことは言わないからだ。

====以下引用記事====

「恋人にしたい男と、夫にしたい男はタイプがちがう」


 これはかつて独身女性がよく口にする言葉だった。夫に向く男性は経済力や優しさ重視で、恋人向きはハンサムで少しミステリアスな男、といった主張だ。しかし最近、それと似た異性論を展開するのは、なんと“人妻”だという。


 不倫妻66人が修羅場と失敗を告白した本『妻たちのお菓子な恋』(主婦と生活社)も発売されるなど、“おやつ型不倫”は増加傾向にあるようだ。


 今春、息子が就職のため上京したばかりの専業主婦、仁美さん(仮名=48)は、人生2度目の不倫を目前にはやる気持ちを抑えられずにいる。


「彼とは3回食事に行きました。次は男女の関係になってもいい」(仁美さん、以下同)


 子育て卒業後、自由な時間をフル活用。ボランティア、スポーツジム、旅行に加えて週2回の女子会まで開くアクティブさ。運命の出会いは意外なところに舞い込んできた。


「女子会でいつも利用するファミレスの店長と顔なじみになって、お会計で連絡先を交換したんです。ほかの女子会メンバーには秘密でね♪」


 1度目の不倫は、奥さんにバレかけて破局。2度と恋はしないと決めていたが、やっぱりやめられなかった。


「初めて不倫をしたとき、夫とはセックスレスでした。最初は、外に女がいるかも……と疑ってイライラした。でも、結婚生活20年を過ぎて、うわべだけの夫婦関係を肯定できるようになった。この生活を守れるならそれでいいって」


 恋をしても夫への罪悪感はわかず、離婚する気もない。


「夫が自分に関心をもってくれないのは寂しかったけど、教育費や生活費の面倒はみてくれる。むしろ、離婚して息子たちの帰れる場所を奪うことのほうが後ろめたい」


 同じ墓に入ることへの抵抗感はまるでなく、“今”が大事なのだと力説する。


「夫に介護が必要になったとき意地の悪いことをしそうで怖いんです。でも“さんざん好き勝手した”って気持ちがあれば、向き合えると思う」


 平日午後3時過ぎ、仁美さんは「自分が不幸な妻だと思いたくないんですよね!」と明るい笑顔で言い残し、彼が待つホテルへ向かった。


マスターです。
10月に帰国してから、数十人の女性にお会いしました。
そのうち、既婚女性からは、フレオナの有用性、重要性を訴えられたので私なりに整理して紹介します。

1 成人女性の約8割は、中イキできない。
2 中イキできない成人女性を中イキに誘導する技術は確立されていない。
3 それができる男性は、単に「中イキできる女性を満足させられる、普通のセックスが上手い男性」とは違う技術が要求される。そうした男性は、1000人に1人とも言われている。
4 女性が結婚する際、夫の理想条件は、収入が安定して高い、容姿が良い、家柄が良い、性格がいい、学歴が高い、自分だけを愛してくれる、セックスがうまいなどである。
5 だが、そのような完璧な男性は希少であり、いちぶの優れた女性しか手に入れられない。
6 残る大多数の女性は、夫に求める条件を下げる必要に迫られる。夫婦生活・家庭生活を考えれば、収入や性格を最優先するのが妥当であり、セックスは後回しにするのが一般的である。
7 また、恋愛は、普通は心と心の相性からはじまり、体の相性がわかるのは最終段階である。既にそのときには心と心は好き合っているので、体の相性が合わないからと言って男女が別れることは少ない。このため、多くの女性がセックスに不満を持ちながら結婚する可能性が少なからずある。
8 結婚後の夫婦は、民法や道徳により、浮気や不倫(配偶者以外の異性と複数回性交すること)を許されない。
9 他方、配偶者にセックスの改善を要請することは容易ではない。
10 欧米であれば、セックスが合わないと離婚することは普通であるが、日本ではまだ難しい。
11 以上のようなことから、既婚女性がセックスライフを改善することは絶望的である。女性いわく「主婦には逃げ場がない。」
そのため、かなりの既婚女性が、ひそかに配偶者以外の男性と性交している(らしい)。

12 フレオナは、セックスに不満や問題を持つ既婚女性にとって、浮気・不倫及び離婚以外の唯一のセックスライフ改善手段であるといえる。
サイザーウーマンから

 夫しか知らなかった女性が、婚外ではじめて性の喜びを知る。。。フレオナでもよくあるケースです。
女性が、母ではなく女に戻ることが、女性の永遠美への最短経路だと思います。
どんな女性も、ベッドの中でイク姿が一番美しいと思います。


====以下引用記事====
「「愛撫なしのセックスが普通」箱入り主婦が長野博似の男に、お金をかけて会いに行く理由」

 婚外恋愛は、障害がある分燃えやすいという特徴があるという。会いたい時に会えなかったり、連絡も制限されたり、誰にも言えず、隠し通さなければならないところが、2人の恋愛感情をより強く燃え上がらせるのだろう。そういった意味で、婚外恋愛は強烈な媚薬なのかもしれない。
■夫しか知らない女だった
 今回お話を伺った玲子さんは、30台後半、東海地方在住。関東に住む既婚男性と婚外恋愛をはじめて3年になるという。玲子さんは24歳の時に現在のご主人と結婚、きっかけはお見合いだった。
 あまりご自身の家庭環境のことは話したがらなかったが、セレブ妻御用達のハイブランドな服をまとい、きちんとした佇まいをしていることから、育ちの良さが垣間見える。そして、なによりこの発言が、 “お嬢様”であるを決定付けた。
「私、主人が最初の男だったんです」
 処女のまま結婚、そして喪失。初めてご主人に抱かれた時の感想は、「痛い」「恥ずかしい」という苦痛だけだったようだ。
 ご主人しか知らない玲子さんにとっては、ご主人とのセックスがすべて。土曜日の夜は“セックスの日”だそうで、午後10時に交互に風呂を済ませ、ご主人が万端になるまで口で奉仕してから、すぐ挿入される。
「ご主人、玲子さんには何もしてくれないんですか?」
 驚いてそう訊ねると、すこし悲しそうに頷いた。「おまえは横になっていれば気持ちよくなれるんだから、五分五分だろう」というのがご主人の意見だという。筆者は「世の中の女全員から殴られても文句を言えない、ひどいセリフ」だと思ったけれど、玲子さんにとっては「でも、私はそれが当たり前だと思っていた」ようだ。
 玲子さんが婚外恋愛をするきっかけになったのは、ブログだったという。
「学生時代の友達のブログのリンクを何気なく辿っていったら、婚外恋愛のことが綴られているブログに辿り着いたんです。そこには、私が知らない恋愛やセックスのことが赤裸裸に書かれていました」
 そのブログの筆者は、偶然にも玲子さんと同い年だった。自分とおなじ年齢の女性が、こんなに楽しく恋愛もセックスも謳歌しているのだと知った玲子さんは、翌日、出会い系サイトに登録した。
■新幹線に乗って彼に会いに行く日々
 3年前から交際を続けている彼は、玲子さんと同い年。写真を見せてもらった。V6の長野博に似た、人懐っこそうな笑顔の男性だ。出会い系サイトに登録してから何十通ももの誘いがあった中、玲子さんが彼に決めたきっかけは、その笑顔だったという。
「私にとって、彼は2人目の男性で、本当に緊張しました。交互にお風呂に入り、彼の元に跪いて下着を降ろそうとすると、彼、ぽんぽんと頭を撫でてくれたんです。『まずは、俺からさせて』って」
 優しく胸を揉まれることも、舌で愛撫してもらうことも、玲子さんは知らなかった。初めて体感する彼からの愛撫に、玲子さんは涙を流して悦んでしまったという。
「『セックスってこんなに気持ちよかったんだ、こんなに素敵なことなんだ』と感じた時には、もう彼に夢中でした」

 「関東在住の彼は出張が多く、当時は月に2度ほど東海地方に来ていた」と語る玲子さん。しかし現在は、事情が違ってしまったようだ。
「付き合い始めた当初は、私の住む地方が彼の担当だったので、頻繁に会えたんです。でも半年後には別の地方の担当になってしまって……以来、私が彼の住むところへ行くようにしています」
 月に2回、多くて3回。新幹線に乗り、在来線を乗り継いで、彼の住む関東地方へと向かう。デートコースは大抵決まっている。朝、ご主人を送り出してから新幹線に乗り込み、昼前には彼の住む地へ。ランチや飲み物を買い込んでラブホテルへ行き、フリータイム終了の午後6時までホテルで過ごし、解散。
「自宅に着くのは午後9時過ぎくらいです。主人はいつも10時半頃に帰宅しますから、今まで疑われたことは一度もありません」
 
 ただでさえ障害の多い婚外恋愛なのに、さらに遠距離とは。筆者が自分に置き換えると、想像しただけで疲弊してしまう。しかもデートの場所が毎回ラブホテルだなんて、不満はないのだろうか?
「ありません。だって私、彼のセックスが大好きなんですから」
 きっぱりと玲子さんは言った。そして、お金と時間をかけてまで彼に会いに行く理由を教えてくれた。
「私は彼に抱かれたいから、体力もお金も使って関東まで通っているんです。義務的なセックスしか教えてくれなかった主人とは違って、彼はとてもセックスに貪欲。彼からあらゆる気持ち良さを教えてもらいました」
 とても爽やかに、「彼のセックスに酔い、溺れている」ことを自ら語った玲子さん。人を狂わせる媚薬とも取れる婚外恋愛。しかし彼女を見ていると、本来の女としての楽しさや自信を取り戻していく行為なのかもしれないと思った。
(文・イラスト=いしいのりえ)
少し古いけど、Huffingtonpost(英文)から

今まで “浮気は男がするもの” と一般的に思われてきた。しかし今の時代に「浮気は男の甲斐性」などという言葉は、もう古いのかもしれない。ここ最近、既婚女性の浮気率がうなぎ上り状態なのだという。既婚男性のみなさんは、奥様を大事にしないと痛い目にあうかもしれない。

・既婚女性の6人に1人が浮気
アメリカの国論調査センターが行ったアンケートの結果、ここ20年で既婚女性の浮気率が40パーセントもアップしたことが明らかになった。なんと6人に1人が浮気している計算になる。一方で男性の浮気率は、ほぼ21パーセントで横ばい状態を保っていて変化は見られない。

・女性の経済的な自立が大きな理由
米ワシントン大学の社会学者ペッパー・シュワルツによると、その理由は「仕事をする女性が増え、収入とチャンスが多くなったことが大きな理由です。女性が社会進出することで、もっと魅力的な男性と出会う機会が増えたと言えます」とのこと。女性の経済的自立が浮気に拍車をかけているのだ。

・調査に対するアメリカ人女性の声
この調査結果に対する、米国のユーザーの声を紹介しよう。

「男は今までずっと浮気してきたんだから、女が浮気したっていいじゃない。昔みたいに離婚しても肩身が狭い思いをしなくて済むしね」
「昔みたいに、道徳観や結婚に対する義務感がなくなってきたのよ」
「女は男の地位や収入目当てで結婚するの。旦那に魅力を感じて結婚するわけじゃないから、旦那に飽きたら浮気するのよ」
「社会に出て、男と同じことをし始めただけ」
「共働きでストレスも増えて、女性も発散させる場所が必要になったのよ」
「女性も経済的に自立して、旦那の給料に頼らなくてもよくなったからだわ。30、40年前とは話が違うのよ」

と、かなり言い訳じみているが肯定的な意見が女性側から寄せられている。

日本でも離婚率が増えているだけに、同じような背景があるのかもしれない。しかし結婚したからには、浮気や心移りなどない幸せな結婚を維持してほしいものだ。
マスターです。
私は、既婚女性の不倫・浮気をお勧めしません。
不倫・浮気の果てにあるのは、離婚や夫婦不仲です。

夫婦円満は、女性の人生設計上大切ですし、子の健全な発育にも大切だからです。

一方、不倫や浮気をしないと、既婚女性が性的に満足できないケースも多数見られます。
・夫は、セックスで1分余りで逝ってしまう。
・夫としても、中でイケない。
・夫がセックスしてくれない、セックスレス
・夫とセックスしたくない、セックスレス
などなど。

このような場合は、夫以外の男性から性的満足を得る必要に迫られます。

そのため、フレオナと私は、女性が不倫・浮気をせずに性的に満足できるようにする目的・使命を有しています。

フレオナを利用することは不倫・浮気ではなく、相談であると解釈しています。

不倫・浮気をせずに性的満足を得たい女性は、どんどんフレオナにお越しいただきたいと存じます。